スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のCookeCinelensが見た本郷菊坂通りの名残

さて今回は、クラシックレンズ愛好者連絡会秋の都内遺構探訪(通称秋のブラレンレン)ということで、本郷菊坂通りと東向島の玉ノ井に行ってきました。

まず、CookeCinelensで撮影した本郷菊坂通りの遺構の様子を。

なお、昨年撮影時から大分様変わりした様で、金魚坂の横の空き地はアパートが建設中でした。

2020年の東京オリンピックを見越して都内の再開発も進んでいるようですので、下手するとこの情景を見られるのもあと2年くらいかもしれませんね。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+CookeCineLens47mm/2.5(Full-OpenedAE)

CookeCinelens4325
今回は久々にCookeCinelensを持ち出しました。
47㎜なので換算で70㎜くらいになるわけですが、本郷菊坂通りの路地はそこそこ広めだろうとこれを選択したのですよ。
結果的に全景を入れることは難しかったので、ちと選択ミスはあったかなと思いましたが、まあ、それでも雰囲気は捉えたかなと思います。

CookeCinelens4725と本郷菊坂通り
1枚目は本郷菊坂通りの入り口付近に咲いていた花を最短距離で一枚。
レンズのボケ具合を確認しようと撮ったものです。
向かって右の花にピントを合わせたところ、奥に行くほどボケが出てきていました。

CookeCinelens4725と本郷菊坂通り
2枚目は金魚坂の情景を。
まさか向かって右側にアパート建設が始まっているとは思いませんでしたが、昨年来た時は駐車場だったことを考えると、致し方ないでしょうね。
かくして、街の記憶は塗り替えられていくわけです。

CookeCinelens4725と本郷菊坂通り
3枚目は金魚坂の頂上にある陶板の飾り付け。
金魚坂カフェの新しい目玉らしく、お金を払って陶板に好きな画を描いて焼き付けるとここに飾ってくれるようです。
1枚5000円でケーキセットもついてくるようですよ。

CookeCinelens4725と本郷菊坂通り
4枚目は菊坂通り下にある、昭和の面影を残す長屋を背景に一枚。
これもボケ具合を確認したくて撮ったもの。
晴れていれば、手前の葉の緑と奥の長屋の木調が良いコントラストになったかなと思います。
なお、この長屋一部外壁の手直しが始まってましたので、もしかするとこの色合いで見ることができるのはあと1年くらいかもしれません。

CookeCinelens4725と本郷菊坂通り
最後は金田一京介旧宅の先にある、大正時代に作られた長屋を一枚。
どうもこの界隈で一番古い長屋の様です。
確かにこの一帯は趣ある雰囲気でした。

この後赴いた旧玉ノ井と異なり、本郷菊坂通りは観光スポットが多いからか街の雰囲気もフレンドリーなものでした。
しかし、相続などで再開発が加速化しつつあるため、この景色を見ることができるのもあと数年かなという気がしました。
古民家は維持するのも大変ですし、仕方ないでしょうね。

さて、この後は街の雰囲気が変わりつつある東向島の様子を。
スポンサーサイト

水曜日のCookeCineLensが見た2016湘南祭

さて、レンズをCookeCineLensに切り替えて撮影続行です。
単焦点レンズは画角が固定されている分自分が動かなければならないわけですが、さてどう撮ったでしょうか。

1枚目:iPhone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+CookeCinemaLens47/2.5(Full-OpenedAE)

CookeCineLens
50㎜付近の手持ちシネレンズということで、これを持ち出しました。
思ったより日差しにも強いので驚きました。

CookeCineLensと湘南祭
1枚目は海岸近くの臨時コートで開催されていたフットサル大会の様子を一枚。
茅ヶ崎近隣のフットサルチームが集まってましたが、こちらは技能講習といったところ。
向かって右側と大人からどうやってボールを奪い取るか。
砂のコートの上で子供たちががんばってました。

CookeCineLensと湘南祭
2枚目はチーム同士によるフットサルトーナメントの様子を。
チームの年齢差や技能差が如実に出てしまうようで、あっという間に点差が開くチームもありました。

CookeCineLensと湘南祭
3枚目は湘南祭そっちのけで帰路に就くサーファーを一枚。
まあ、普段はこういう祭りはないですからね。
このようなシーンになるのも致し方ないかも知れません。

CookeCineLensと湘南祭
4枚目は湘南祭に出店しているGARAの様子を一枚。
海岸で焼くタンドリーチキンが美味そうに見えました。
ナンも美味しそうでしたね。

CookeCineLensと湘南祭
最後はステージで踊るフラダンサーの様子を一枚。
娘や友人が躍っているからでしょうか。
観客が声をかけてました。

さて、この後はXF35/1.4Rに切り替えて湘南祭の様子を。

土曜日のCOOKE CINE LENSが見た大塚

今回写真展を開催するShisuiDeuxがある大塚は、都電の駅もあります。
池袋にも近く、色々なところに出やすい場所でもある様ですね。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+COOKE CINE LENS47/2.5(Full-OpenedAE)
CookeCineLens4725
今回の写真展には、このレンズで撮った写真も出しているので今回持って行きました。
「富士フイルムXmount最高!」グループ有志写真展への出展なので、基本はX100だったりX100sだったりX-Pro1+Touitレンズなのですが、1枚だけシネレンズも出したのはクラレン連メンバーとしての矜持もありということで。

COOKECINELENSと大塚
1枚目は先ほどのSIGMA28-85ズームとの比較の意味で同じくらいのサイズになる様に撮影したもの。
花弁の見え方の違いが分かりますでしょうか。

COOKECINELENSと大塚
2枚目は今回展示する写真を一部公開ってことで。
こうしてたまにプリントしたものを展示するのも、過去のおさらいになって良いかもしれませんね。

COOKECINELENSと大塚
3枚目は設営終わっての帰り道での一枚。
寒波到来で雨が降り出していたこともあり、駅に向かう人が早足になり始めてました。
雪は降らなそうですけど、先週の月曜日みたいな状況だと大変ですしねえ。

COOKECINELENSと大塚
4枚目は都電大塚駅前駅に都電が入ってきた様子を一枚。
こういうシーンが見られるのも大塚駅前ならではですね。

COOKECINELENSと大塚
最後は大塚駅前のビルの看板を一枚。
とりあえず雪が降る前に駅に入れてほっとした瞬間でした。

さて、写真展は1/25-2/12まで大塚駅前のShisui Deuxで開催中です。
久々に展示と言う事もあってちょいと考えましたけど、結局はいつもの流れで展示に持って行きました。
他の方の作品はかなり素晴らしいものばかりですので、ぜひお時間があればお立ち寄りくださいませ。

さあ、来週末は会場に行かないとまずいかな?

月曜日のCookeCineLensが見た横浜中華街

さて、今度は打って変わって明るい色合いの写真を。
土曜日はCP+と横浜山手西洋館群を見に行こうってことで、charley944さんやNOCTOのOさん、NeptuneLens.CoのHさんとともに歩いてきました。

13時30分石川町駅集合としたので、ちょいと時間が出来たことから昼食がてらX-Pro1で横浜中華街を撮ってきました。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CookeCineLens47mm/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)

CookeCineLens
SpeedPanCroのプロトタイプともいわれるこのレンズ、モノクロ前提のバランスの様ですが、Velviaモードとは何となく合うようです。
案外クラシッククロームなんかも合うかも知れませんね。

CookeCineLensと横浜中華街
1枚目は関帝廟通り公園奥の路地から公園方向を一枚。
中華街の中心に近いところだというのに空き地が出来ています。
多分相続で売り払ったのでしょうか。
中華街もところどころにこういう空き地が目立ち始めてます。
どうも今の中華街で三代続く店は、私の行きつけの華勝楼を含め3~4店舗しかないそうな。
それより古い店はないそうです。関東大震災や第二次大戦時に中国に引き上げてそれっきりになったそうで。
そう考えると、古くからある店をどう識別するかってのもちょっとした楽しみになりそうです。
自分としては華勝楼や清風園、海員閣の様に店頭でシウマイを売る一見流行りのデザインでない店先の店がそうではないかと思うのですけれども。

CookeCineLensと横浜中華街
2枚目は関帝廟通りの隣の通りの突当りに見つけた微妙な路地。
これもしかすると昔の船員宿の通りかなと思いました。
中華街自体が元々横浜港や元々山下公園辺りにあった波止場の船員向けの食堂街をその起点とするなら、こういう路地はあってもおかしくないなと思います。

CookeCineLensと横浜中華街
3枚目は袋小路になった路地を一枚。
奥の家には唐という文字が見えたので、おそらく古くから中華街に住む方の家ではないかと推察。
しかし、この袋小路の取り残され感は、色々と想像を掻き立てます。

CookeCineLensと横浜中華街
4枚目は奥の唐さんの家に続く路地を入口付近から一枚。
ピンクの壁がいかにも中華街らしい雰囲気を出してます。
この家もなんかこういわくつきな気がしますねえ。

CookeCineLensと横浜中華街
最後は中華街メインストリートの路地裏の露店で電動の玩具を抱える子供と買うかどうか悩む父親を一枚。
どこでも父親と言うものは娘には甘いようです。

さて、今回は横浜山手西洋館群撮影の前哨戦として、中華街のいつもとは違う側面を撮ってみました。
賑やかな路地も良いのですが、中華街のメインストリートからちょっと離れると、昔の名残みたいなものがふと顔を覗かせる時もあるので、次回は崎陽軒2階でランチの後、中華街~山下公園撮影なんてコースも考えてみようかなと思いました。
本日の更新はここまで。
CP+等の更新は水曜日以降に行いますのでお楽しみに。

土曜日のCookeCineLensが見た茅ヶ崎と平塚八幡宮

本日は一週間の疲れが出て昼近くまで寝てました。
昼から茅ヶ崎に出かけてみたのですが、あいにくの曇天と寒風吹きすさぶ状況でとても長時間歩いていられませんでした。
東北も寒いですが、茅ヶ崎も海風が身に沁みますね。

本日のデータは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CookeCineLens47mm/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)

Cooke!
ちょいと疲れた日にカメラを持ち出すときは広角よりも望遠系になる様です。
換算で70mmくらいの画角が気分的に良いのかもしれませんね。
焦点距離=年齢とするならそれだけ疲れているということかもしれませんが。

Cookeと茅ケ崎と平塚八幡宮
1枚目は茅ケ崎パークタウン越しに今日の空を。
曇天ではあるものの青空もちょいと顔を出してましたねえ。

Cookeと茅ケ崎と平塚八幡宮
2枚目は茅ヶ崎駅と駐車場の間から見た相模線。
この場所、ホームと相模線の様子を見ることが出来て穴場であります。

Cookeと茅ケ崎と平塚八幡宮
3枚目は茅ヶ崎駅前の廃墟に付けられた電気メーターを一枚。
廃墟とは言え取り壊すまではメーターって外せないらしいですね。
東京電力さんもこういう管理があると大変ですねえ。

Cookeと茅ケ崎と平塚八幡宮
4枚目は夕方お札を返しに行った平塚八幡宮の池のほとりでくつろぐ家鴨を一枚。
結構近くに寄ってみましたが、ぐっすり寝ているのかこちらには気づきませんでした。

Cookeと茅ケ崎と平塚八幡宮
最後は平塚八幡宮の手水場を一枚。
換算70mmだとこういうアップも楽々撮れます。
静寂の中に水音だけが流れてました。

さて、今日は身を切る寒風の茅ヶ崎と平塚八幡宮を歩いてきました。

明日からはほぼ一週間東北出張であります。
次に掲示する雪国はどこになるのか、お楽しみに。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。