スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のTouit12mmが見た旧玉ノ井の落日

本郷菊坂通りをあとにして、Charley944さんやヨッピーさんと森下のみや古で深川めしを食べてから清澄白河を抜けて東向島に行きました。

遺構と言えば外せない玉ノ井と鳩の街を見に行こうと思ったわけですが、行ってみると昨年から雰囲気が変わったなという気がしました。
何と言いましょうか、「いい加減ほじくり返すな」という住民の雰囲気が出てきていたのですよ。
昨年と比べ、東向島の玉ノ井いろは通りもシャッター通りになってしまってましたし、いい加減負の歴史は消し去りたいのだろうなという気がしました。
まあ、カフェー建築を取りに来る酔狂な人間は、大抵の場合墨東奇譚とかそっち方面の面影を見に来るわけですから、住民からすればたまったものじゃないでしょう。

多分来年は更に雰囲気厳しくなりそうな気がします。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+ZEISS Touit 2.8/12*T(Full-OpenedAE)

TouitDistagon2812T
やはり都内で遺構撮影やるなら広角か超広角使うしかないじゃない、と持ち出したXシリーズ用の超広角の切り札、Touit12mmであります。
未だにこれを超える広角レンズがXシリーズでは出てませんので、ここぞという時の決め球に使っております。
今思えば、本郷はXF14㎜にして、玉ノ井でTouit12mmにすれば良い比較になったかなと今更ながら思いました。

TouitDistagon2812Tと玉ノ井
1枚目はカフェー建築の意匠を捉えたカットを一枚。
角がアールかかっていて、窓が飾り窓になっている、というのが特徴なんだそうです。
この一帯はこの手の建物が結構ありますが、どれも人の気配がほとんどしないので、既に無人化が進んでいるか相続待ちになっている可能性がありますね。

TouitDistagon2812Tと玉ノ井
2枚目はカフェー建築が密集した建物群の全景を一枚。
微妙に改造されてますが、2階に張り出しテラスがあるこの手の建物は大抵の場合、昔そういう場所だったようです。
で、売春防止法施行後はスナック等に衣替えしていたらしいですね。

TouitDistagon2812Tと玉ノ井
3枚目は2枚目の建物群を逆側から撮影したもの。
こちらのスナックはまだ営業している様ですね。
さて、いつまでこの雰囲気を保てるのか、難しいところですね。

TouitDistagon2812Tと玉ノ井
4枚目は3枚目の建物から少し離れた路地裏でCharley944さんが見つけたカフェー建築の遺構の1階にあったかつての飾り窓を一枚。
今は建物自体は無人で、かつて庭園だったところを改装した駐車場として営業している様でした。
これまで何回か歩いていて、初めて確認したのですが、よくまあこの状態で残っていたなあと思いました。
とは言え、ここもあと何年このまま残るのかはわかりませんね。

TouitDistagon2812Tと玉ノ井
最後は玉ノ井いろは通りの突当りに咲いていた昼顔を一枚。
街の歴史は変われども、花の美しさは変わらず、というところでしょうか。

今回1年ぶりに旧玉ノ井を歩いてみましたが、昨年と比べ街の雰囲気が閉鎖的な方向にシフトしたように感じました。
普段からたまにこの辺を歩いているcharley944さんはあまり感じなかったようですが、撮影中怪訝な顔でこちらを見る方が数人おられました。
そろそろ、ここの撮影もダメになるかもしれませんね。
観光地という訳でもないのに玉ノ井の歴史を漁りに来られても困る、ということかもしれません。

本当はこの後charley944さんとヨッピーさんは鳩の街に向かったのですが、私は時間切れってことで、白髭神社でお別れしました。
ここから東向島駅まで結構近かったので、今度鳩の街に行くときはこちらのルートを使ってみるのも良さそうですね。

さて、次回はどこに行きましょうか。
スポンサーサイト

日曜日のTouitDistagon12/2.8が見た横浜山手西洋館群

土曜日にクラレン連メンバーとJLCのお客様と共に横浜山手西洋館群を散策の後、CP+2016を見に行ってきました。
気候に恵まれ丁度良い撮影日和でした。

CP+に行く際には折角だから西洋館群も撮りに行こうってのがいつものことでしたので、それなりにコースも設定しましたけれど、中々楽しい撮影散策となりました。

それではまず第1弾はTouitDistagon12㎜での撮影結果を。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+TouitDistagon2.8/12*T(Full-OpenedAE)

TouitDistagon1228T
今回の撮影会使用レンズ1個目はTouitDistagon12㎜です。
このレンズ、ZeissがXマウント用として鳴り物入りで発表したにもかかわらず、その後SONYがα7シリーズを出したことからたった三本で開発終了となったようです。
まだ売っていることは売ってますが、もう後続は出ないでしょうね。
フルサイズ用に作った方が売れるわけですから。
そんなことで、このTouitシリーズもネオクラシックレンズの仲間入り必須という情勢だったことや、JLCの方々があっと驚くレンズをMType240やM-PTyp240に装着して撮影会に参加されることを踏まえて、今回はTouitシリーズで撮ろうと思った次第です。
まあ、Xマウントはフジノン純正XFレンズの出来が良いですから、Touitシリーズは3本くらいで終わって良かったのかもしれません。

TouitDistagon1228Tと横浜山手西洋館群
1枚目はイタリア山の外交官の家に飾られていたひな人形を一枚。
3月3日のひな祭りが近いこともあり、西洋館群では江戸・明治期のひな人形を展示してました。
保存が大変ですが、来年も見に来たいですね。

TouitDistagon1228Tと横浜山手西洋館群
2枚目は外交官の家2階の衣装箪笥を開いたところを一枚。
昔の作りなのでしょうが、ネクタイ掛けと思われるハンガーが目を引きました。
こういうの今でも通用するデザインだと思うのですけどね。

TouitDistagon1228Tと横浜山手西洋館群
3枚目は山手テニスクラブの脇にある庭球記念館に飾られた当時のテニス衣装を着たマネキン人形を一枚。
今みたいなスポーツスタイルでプレイするより、こういう装束でプレイする方がより優雅だと思うのですけどね。
もう無理かな?

TouitDistagon1228Tと横浜山手西洋館群
4枚目は外装の修復が終わったべーリックホールの庭先を一枚。
丁度公開ウェディングをやった直後の様で、フラワーシャワーを係の方が回収してました。
この後もう一回やるようでした。
べーリックホールの中では披露宴が開催直前だったのですが、こちらも昼飯の時間があったので止む無くその場を後にしました。

TouitDistagon1228Tと横浜山手西洋館群
最後は西洋館群の中腹にある趣ある電話ボックスを一枚。
このデザイン、良いと思うのですけどここでしか見かけないのですよね。
できれば横浜山手西洋館群と元町周辺には配置してほしいものですが。

さて、今回はTouitシリーズで撮る横浜山手西洋館群ということにしましたので、この後はTouitPlanar1.8/32*Tによる撮影結果を掲示します。

日曜日のTouit12/2.8*Tがみた玉ノ井~鳩の街

昨日はクラレン連春の撮影会として、清澄白河から旧玉ノ井町、鳩の街と歩いてきました。
久々にR-D1xGとX-Pro1の二台体制で一日歩いたら翌日筋肉痛で足首やられました。
運動しないとねえ。

さて、本日は撮影会のデータの中からTouit2.8/12*Tによる撮影結果を出しましょう。
共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~7枚目:FUJI X-Pro1+ZeissTouit2.8/12*T(F2.8AE、JPEG圧縮)

Touit2.8/12
今回は旧玉ノ井町~鳩の街探訪もあったので、換算16mmの超広角レンズ、TouitDistagon12mmを持ち出しました。
あの通りはとにかく狭くかつ密集した建物地帯なので、28mmではとても全景を収められないことがこの前の訪問でわかってましたから、家にある中で最も広角レンズを使いました。
旧玉ノ井町~鳩の街を歩く際には、全景を収めるなら換算16mm~21mmくらいの焦点距離のレンズを使うのが良いかもしれません。28mmや35mmだと後ろにこれ以上引けない時に厳しいかなと思いますので。

Touit2.8/12と玉ノ井
1枚目は旧玉ノ井町の路地裏入り口を一枚。
この辺りも路地の形や雰囲気、建物の意匠から当時を紐解くことはできるのですが、徐々に再開発の波が押し寄せてきており、こういう雰囲気を味わえるのもあと2~3年くらいかもしれません。

Touit2.8/12と玉ノ井
2枚目は旧玉ノ井町路地裏にある昭和初期の物と思われるアパートを一枚。
前回訪ねた時は夕暮れ時でしたが、15時前に尋ねるとまた雰囲気が違うものです。
このアパートもいつまであるのでしょうか。

Touit2.8/12と玉ノ井
3枚目は2枚目のアパートの奥にある木造住宅を一枚。
おそらくこの家の持ち主がこの辺一帯の地主さんなのかもしれませんね。
このブロックには、2枚目のアパートを始め昭和初期のアパートがまだ3件残ってました。
これが取り壊されることになれば更に再開発の波が進みそうです。

Touit2.8/12と玉ノ井
4枚目はその再開発を証明するかのように建設が始まった木造住宅建設現場を一枚。
12月に訪ねた時にはまだ空き地だったのに、今回来てみたらもう建設が始まってました。
多分これから先も徐々に建物の建て替えが進んでいくのでしょうね。
今回歩いた時にも、無人の建物がいくつかありましたし。

Touit2.8/12と鳩の街
5枚目は旧玉ノ井町から鳩の街に歩みを進めて、ランドマークとしている建物を一枚。
この様に角が丸くなっている建物というのは、Charley944さんの話では旧遊郭とか旧青線の名残なのだそうです。
今はもう違う方が住まわれている様ですから、かつての雰囲気は建物の外観から偲ぶしかありません。
それと、新しく住む人からすれば、そういう過去の街の記憶は早く払拭したいところでしょうから、こういう建物もあと何年このままあってくれるか、と思うところです。

Touit2.8/12と鳩の街
最後は鳩の街商店街に停められていたオートバイ越しに夕暮れ時の情景を一枚。
歩いている時に、不動産開発会社のエージェントと思しき人4~5名が色々と鳩の街の建物をスケッチしたり、店主に話しかけていたりしてましたから、ここも2020年の東京オリンピックに向けて再開発の波がさらにやってくるのかもしれません。

今回訪問して気付いたことは、鳩の街も旧玉ノ井町も商店街が消えかかっていると言う事でした。
都心からわずか30分程度でそういう状態になっており、そこから消えた客足はおそらくスカイツリーや浅草方面、曳舟駅近くのイトーヨーカドー等の方に移っている様でした。
また、無人と思われていた商店街沿いの家で孤独死が発生していた状況もあり、今後人の入れ替えや建物の再開発を都が加速させる可能性もあります。
上でもちょいと書きましたが、住みやすいきれいな街にするのであれば、因果のある過去は消し去った方が良いわけです。しかし、客を呼ぶことを考えるとむしろそういう遺構はどこかしらにないといけないし、そこを整備して維持しないといけない。今この手のジレンマに悩む地域は少なくないのかもしれませんね。

さて、R-D1xGで撮影した結果はこの後時間が出来たところで掲載しましょう。

歳末のTouit12mmが見た平塚の街角

2014年もあとちょっとでおしまいですねえ。
やり残したことはあるのかもしれませんが、それは翌年に持ち越しと言う事で。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~3枚目:FUJIFILM X-Pro1+TouitDISTAGON2.8/12mm*T(F2.8AE,JPEG圧縮)

Distagon1228
久々に使っていますが、AFで広角が欲しい時にはこれ一本あれば良い感じですね。
逆光でも太陽に負けない映りですし。

Distagonと平塚
1枚目はスタバのカウンターでお茶を飲んでいたら横に来たお兄さんと奥の子供がいずれも画面を睨んでいる様子が面白かったので一枚。広角だとこういう対比も楽にできますね。

Distagonと平塚
最後はスタバの入り口で椅子を確保する親子連れ二組を。
年末年始は店もしまってますからスタバとかは混むのですよね。

さて今年の更新はこれにて終了。
ちょいと熱が出たので早めに寝ることにします。
皆様良いお年を。

火曜日のTouit12mmが見た江の島の空白スポットと夕焼け

さてさて、いつもの参道からちょいと小道に入っていくと、なんと人気の少ない海岸が現れましたよ。
漁港っぽいのですが、どうも地元の人や湘南地域の観光客だけの穴場なのかもしれません。
とは言え最近は映画陽だまりの彼女の撮影スポットになった場所もあることから、それ目当ての方も来ている様でした。

共通データは下記の通りです。
1枚目:iphone5
2~9枚目:FUJIFILM X-Pro1+TouitDISTAGON2.8/12mm*T(F2.8AE,JPEG圧縮)

Touit12mm
これしかないなあって感じで、消極的に選んだDistagon12mmでしたが、いざ使いだすとあっという間に400枚撮ってました。GR1vとかGR21を使ってた時も気づいたら36枚撮りフィルム10本をあっという間に撮り終えてましたが、広角って良いですね。とりあえず広めに入れてあとで考えることもできますし。

Distagonと空白スポット
1枚目は空白スポットの階段途中から海を一枚。
船は全て出払ってました。
また来ないと、ここは。

Distagonと空白スポット
2枚目は砂浜に降りて一枚。
そう言えば久々に湘南の海をちゃんと撮ったのではないだろうか。
茅ヶ崎海岸で撮るよりもこっちで撮影する方が自分の性に合っているかも。

Distagonと空白スポット
3枚目は砂浜側から空白スポットへの階段を一枚。
この小道、なんで今まで見落としていたのだろうかねえ?

Distagonと空白スポット
4枚目は映画陽だまりの彼女に出てきた有名な撮影スポットだそうで、手前の階段脇に「ここは私有地です。勝手に立ち入らないでください。ここを上がっても家はありません」と言う注意書きがありました。
まあ、ファンってそういうものでしょうね。沖縄の首里金城町石畳中腹のちゅらさんの舞台に外観だけ使われた家もファンが押し寄せるので門を締め切ったままにしたようですし。

Distagonと空白スポット
5枚目は空白スポットから日常への帰り道で出会った親子連れを一枚。
丁度空白スポットの近くにご自宅があるとかで二人のお子さんの手を引いて歩くお父さんが印象的でした。

Distagonと空白スポット
6枚目は空白スポットの興奮をクールダウンするために参道商店街を一枚撮影。
この饅頭屋も映画陽だまりの彼女で使われた場所の一つだそうで、女夫饅頭目当てのお客さんが結構来てました。

Distagonと夕焼け
7枚目は参道入り口にあるしらすコロッケの屋台を一枚。
風が強くなり寒くなってきたこともあって、帰りがけにコロッケを買うお客さんで賑わってました。

Distagonと夕焼け
8枚目は弁天橋を対岸まで戻って海岸に降りたところ、記念写真をセルフィースティックで撮影する中国人カップルがいたので一枚撮影。
こういうのは中国人や西洋人カップルが撮るのは良く見かけますが、日本人カポーではなかなか見かけませんね。

Distagonと夕焼け
最後は沈む夕日とそれを見て帰路につく高校生カップルを一枚。
この数秒後に今日の夕日は雲の中に隠れてしまいました。

広角12mmだと使いにくいことは使いにくいのですが、ある程度思いきりで撮っちゃっても良いのではないかと思った今日の撮影結果でした。
さて、明日はどこに行こうかねえ?
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。