スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のMiranda50/1.8テスト中

まだ素性が良く判らないので、とりあえずUnknownのコーナーへ。

本日はX-Pro1にMiranda50/1.8をつけてテストしてみました。
Charley944さんが「うはははは、世田谷光学製のMirandaレンズは値段が底値なのに映りが良いので、距離計連動マウント作れる人は大体つかっているざます(意訳)」とご自身のブログでそれとなく評価されていたので、むかーし昔にオリオン精機辺りが出していたと思われるミランダ-ライカLマウントアダプターを使ってX-Pro1につけてテストを始めました。

距離計連動マウント加工できない人はこうやって使うと良いですよ(笑)

共通データは下記のとおりです。
1枚目:iphone5
2~5枚目:FUJIFILM X-Pro1+Miranda50/1.8(F1.8AE,ISO200,JPEG圧縮)

ミランダ
いつも通りX-Pro1に装着しての図。ミランダマウントは独特な形なので、なかなか市販のマウントアダプターもないわけですが、昨年冬のICS@銀座松屋に行った際に、Charley944さんに「出戻りさん、これ買うと幸せになれますぜ。(意訳)」と薦められたので買っておいたものです。
いや、こう使うことを考えるとあってよかったなと思います。

ミランダ
1枚目は通りがかりのショッピングセンターの待ち時間で手近な被写体でテストしてみました。
自転車の車輪にピントを合わせてみたのですが、こういうシーンだとあまりボケませんね。

ミランダ
2枚目もショッピングセンターにて。
手近な雑木を撮影してみました。
背景の車はボケているもののそんなにうるさくは感じられない気がします。

ミランダ
3枚目もショッピングセンターにて。
ちょいと視点を上げてみました。
手前側車両のドアミラー付近にピントを合わせてみたのですが、こんな感じに映ります。
絞り開放とは言っても1.8だとそんなにうるさくならないのかもしれませんね。

ミランダ
最後もショッピングセンターにて。
手近なショッピングカートのかごにピントを合わせてみました。
後の車両ナンバーが微妙に二重ボケっぽくなっているかなと言う気もしますが、そんなにうるさくは感じられませんね。

まだテスト段階なのですが、Charley944さんの仰ったとおり値段の割に良く映るなあと言う気がしました。
マウントアダプターがあれば、多分値上がりするかもなあミランダレンズ群は。
スポンサーサイト

月曜日のUnknownが見た辻堂だったり藤沢だったり。

その内オープンにしますが、今回はUnknown扱いで。

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

辻堂

1~9枚目:EPSON R-D1xG+UNKNOWN(絞り開放、JPEG圧縮)

本日は辻堂界隈を歩いてきまして、その後テラスモールでキャプテン・アメリカ~ウィンター・ソルジャー~を見てきましたよ。
そりゃもう面白かったですよ、キャプテン・アメリカは。

SONYの4K技術も使っていて、パナヴィジョンで撮っていて、キヤノンUSAも全面協力らしく、良い映像と音と良いシナリオと演出でした。俳優とプロダクションと企業が出しゃばらない映画って良いですね。
hiroさんには悪いけど日本の映画だと、これが透けて見えて仕方なく、見る気も金払う気も起きないのですが(笑)

精々テルマエ・ロマエ2位が及第点かなあと言う感じなんですが、あれもねえ、300~帝国の進撃~の予告編を見た後だと「テレビで流れた時に見ればいいか」で終わりますね。

キャプテン・アメリカの映像を見た後に邦画の映像を見るとビデオ臭さが鼻についてそれも嫌な気分になる原因の一つなんですけどねえ。あれどうにかならないかなあ。邦画の方がシナリオも冗長で倍速か早回しで見たくなるし。

次はトランスフォーマーかガーディアンズ・オブ・ギャラクシーかゴジラだな。金払って観るなら。

さて本題。
このレンズ無限遠にピントを合わせるととんでもない暴れ方をします。
手前の柱にピントを合わせた7枚目は絞り開放でもシャキッとした映りですが、無限遠に合わせた8~9枚目は映像の通りもやっとした仕上がりになります。
これがこのレンズ独特の癖なのか、それともメンテすれば治るものなのか、今度Charley944さんに相談してみようっと。

日曜日のUnknownが見た甲府市某所

まあ、レンズの素性はCharley944さん辺りが見たら一発でわかるのではないかと。

本日は所用で甲府に日帰りで行ってきました。

行きのあずさは満席で、八王子から立ったまま甲府まで。おかげで帰ってきてから足が痛かったですね。

甲府

甲府

甲府

1~3枚目:EPSON R-D1xG+Unknown(絞りF4、JPEG圧縮)

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

4~13枚目:EPSON R-D1xG+Unknown(絞り開放、JPEG圧縮)

Charley944さん達が目にする甲府ってのは、多分8枚目以降の景色だと思うのですよ。
あれは観光客向けに整備された場所なんで、印象良いのですよね。
駅前の小作はほうとうがうまいですし。
なお、地元の人は家で作って食べるので、ほうとうを外で食べる習慣はないそうです。

それはそれとして、時間が合ったので駅前の夢街道も見てきましたが、微妙な出来、と言う印象でしたねえ。
Charley944さん達が撮影した場所とは多分違うのでしょうけど、ここもGW連休の中日と言うこともあって大賑わいでした。
これくらいの日差しだと感度200で、絞りF4位なら1~3枚目の様に撮れますし、光の角度に気をつければ4・5・12枚目の様な写真は撮れますね、R-D1xGは。
映りを見ると個人的にはCCD搭載機の色の方が好みだなって気がします。
夜景はCMOS搭載機に絶対的な優位があるのですけどねえ。

なお、今日の撮影ではやはり甲府に対する心理的フィルターがかかっているなってのが感想です。
浦和とか埼玉県内よりはバイアスかかってないのですけどね。
やはり色々と考えてしまいますねえ、甲府の撮影は。

何と言いますか、Englishman in New York みたいな気分ということで。

湘南とか小田原とかを撮影するときはそんな情念はないので、この土地に由来するのでしょうね。

日曜日のUnknownが見た浦和

土曜日に引き続き、日曜日もバタバタで晩飯は浦和のゆいゆいに行こうということに。
待ち合わせの合間にNEX-7で何枚か浦和駅前の情景を撮影。
絞り開放で撮影するのに、X-Pro1よりNEX-7の方が楽な時がある理由を考えていたが、最低感度の差かなと言う気がした。
NEX-7は感度100まで下げられるのに対し、X-Pro1は感度200が最低線。
これだけでも大分違う。
日中絞り開放で撮影しようと思うとどうしてもこの感度100の差がアドバンテージになる。
かくしてNEX-7も手放せず。

また何故かは判らないが夜景撮影の時もモニターで拡大するとNEX-7の方が被写体によっては見やすい時がある。

やはりソニーは本気でデジタル一眼を潰しに来ているのだろうか。
実際両方作っていてどちらもそれなりに売れているしねえ。

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

浦和

1~10枚目:SONY NEX-7+UNKNOWN(絞り開放、JPEG圧縮)

JYさんに触発されて寄れるかなと思ったけど、やはりいつも通りの距離感になった9枚目。
今度Charley944さんに気配の殺し方を教わらんとダメかな?

日曜日の撤収作業

撤収

撤収

1~2枚目:SONY NEX-7+UNKNOWN(絞り開放、JPEG圧縮)

諸般の事情で撤収作業中。

Charley944さんから、「レンズはオート・ドライではなくナカバヤシ辺りのドライボックスに乾燥剤とともに入れればOK」との話を以前伺ったので、入れてみたが入りきらんと言う状況(笑)
「オールドレンズできるかな」企画の影響でオールドレンズやアダプターが満載となってしまった。しかも現行レンズより重いのですよ、金属鏡胴は。
さて、タイムアップまでに間に合う様にドライボックスを注文しておかないと。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。