スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日の清原VK70Rが見た神田

注文していたスーツが出来上がったとの連絡を受けたので、スキップしながら神田へ。
今季は着古したスーツやシャツをこれでもかと言うほど廃棄処分してワードローブが空いたので、仕立ての良いスーツを補充しているところです。
今回は葛利毛織のグレー系統とブルーブラックストライプ系を1着ずつ仕立ててもらった。
途中、神田にあるキタムラでα7も見てきたけど、あの値段なら葛利毛織のスーツを1着仕立てる方が良いや。オーダーメイドで自分の体形に合った出来栄えになるし。

それはそれとして、最近市川先生の掲示板でソフトフォーカスだのベス単フード外しが騒がれていたので、家にあったキヨハラVK70RをNEX-7にセットして師走の神田の路地裏をちょいと撮影してみたのであります。

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

VK70R

1枚目:iphone5
2~10枚目:SONY NEX-7+KIYOHARA VK70R(絞り開放、JPEG圧縮)

見ていただければお分かりの通り、日の光がきれいに回っている場所でないとソフトフォーカスが意味をなさない。おまけに一歩間違えれば乱反射でも起こしたかということで、作例としても採用されないというところですわな。まあ、市場もそういう事情が反映されているのか、ソフトフォーカスをPCのソフトウェアでやるとかソフトンフィルターで対応することはあっても、ソフトフォーカス機能を謳ったレンズの販売は現行品ではほとんどありません。

まさに「売れない商品に価値はない」を地で行く展開ですね。

まあ、人を撮るにしてもスタジオとかでライティングをしっかりセットして、何度かトライ&エラーを繰り返しながらやらないと、ピントが合っているのかいないのかEVFでも微妙に判りにくいものなんで、普通に撮った写真を後からPicasaとかPhotoshopでソフトフォーカスっぽく加工した方が安全でしょうね。
そんな状況だからこのレンズも現行品ではなく、捨て値でヤフオクで売られているのでしょう。
これも4kで入手したものですし。

多分使う頻度を考えたら、それくらいが妥当な値段だと思いますよ。

大体ね、ちゃんと売れるレンズであれば今でも売れているでしょうし、各社ソフトフォーカスレンズはラインナップから外さないですし、ライカだってタンバールとかヘクトールを再生産するでしょうよ。
売れるし仕事で使えるってことであれば、値段がどれだけ高かろうが買う人は買いますもの。

まあ、手軽にベス単フード外しっぽい仕上がりを楽しむとか、折角だから印象派の絵画の様な写真を撮って見るぜという方向とか、このレンズだけを使ってスタジオで花やポートレートを撮るっていう方には、探せばそれなりにマウントも豊富に対応しているので良いのかもしれませんね。

でもそういう方にはハヤタカメラで売っていた、ベス単改造ペンタックスKマウントアダプター付の方が良いのかもしれません。

ちなみにこいつを絞りF11にしたらどうなるかやってみました。

VK70R
(絞り開放:F5)

VK70R
(絞りF11)

普通に映ります。
印象派絵画風の映りに飽きたら、F11まで絞って普通のレンズにしてしまえば良いわけです。
何か同じ印象のレンズがあったなと思い出したのが、Nikkor58/1.4ですね。
あれも絞り開放はどうやってもソフトフォーカスっぽい映りでした。
まあ、そういう向きの方には堪らない映りなんでしょう。

一般受けはしにくいと思いますけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。