スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のCarenar135mmが見た山下公園

さて、続きましては同じくCarenarの135mmです。
こちらはセットで購入した時に「カビがあるのでパーツ取りに」とか書いてあったのですが、5~6m位であれば絞り開放でも良く映りました。
カビも自分の目が悪いらしくどこにあるのかわかりませんでしたので、この前のコニカAR135mmより軽いし良く映るので重宝しそうですね。

では作例をどうぞ。

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135
(絞り開放で撮影)

カレナー135
(絞りF5.6で撮影)

カレナー135

カレナー135
(絞り開放で撮影)

カレナー135
(絞りF5.6で撮影)

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

カレナー135

1枚目:iphone5
2~18枚目:CanonEOS7D+Carenar135/2.8(絞り開放、JPEG圧縮、10・13枚目はF5.6で撮影)

前ボケはうるさい感じですが、被写体の後ろはそれなりにすっきりした感じに映ります。
二枚目手前側の人のジャンパーの文字なんかはこういう感じのボケになりますので、これを使う時は被写体の前には何もない状態が良いようです。

なお、このレンズとEOS7Dの相性は微妙に良くなかったようで、望遠、特に無限側で比較撮影をやったデータは軒並みピンボケ連発でありました。
ファインダー上はそりゃもうくっきりきれいに見えたのですけどね。
デジタルデータ上はそういかなかったってことで。

このレンズを使う時は7Dの場合極力F5.6くらいに絞って、3~5m遠くてもせいぜい7m位の距離で撮るのが良さそうです。カレナー135
丁度この日は上記実験のための潜水作業も行われていたので、珍しくダイバーの作業風景なんかも撮影できたのでラッキーでした。
スポンサーサイト
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。