スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のPetri55mmが見た茅ヶ崎の昼景

さて、路地裏散策はレンズをPetri55mm/2.0に変えて続きます。
茅ヶ崎の路地裏は空襲を受けなかったこともあって、ほぼ戦前からの道路が続いてます。
その結果車が通るには不便だったりするのですが、これは仕方ないでしょうね。
平塚は整然としてますが、その分平塚八幡宮前の通りが国道一号で寸断されたりと歴史を無視した作りになってますからねえ。一長一短なんでしょう。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Petri55mm/2.0(F2.0AE,JPEG圧縮)

Petri5520
久々に持ち出したPetriレンズ。開放2.0と言う事もあってこの日差しだと厳しいかなと思いましたが、光の向きに気をつければ使えますね。
もっとも感度は最低ラインの200にセットするか、JPEGオンリーということにして拡張感度100にした方が良いと思います。

Petri5520と茅ケ崎
1枚目は路地裏の御屋敷の生け垣に植わった低木をアップで一枚。
昔ながらの家ですと、こういう低木を塀代わりにするのでオシャレに見えるのですよ。

Petri5520と茅ケ崎
2枚目は通り沿いのMOKICHIFOODSGARDENの看板を一枚。
昔の日本精麦の機械を転用したみたいですね。

Petri5520と茅ケ崎
3枚目は踏切待ちの自転車を一枚。
丁度相模線が通り過ぎるところを写真に撮ることが出来ました。
案外X-Pro1はタイムラグがないですね。

Petri5520と茅ケ崎
4枚目は路地裏の終点近くにある、人が住まなくなって4~5年は経過した家を一枚。
最近茅ヶ崎駅前にもこういう家が増えてきてますね。
とは言え持ち主が入院しているか相続でもめているかで手つかずになっている様です。
家を建てないと土建屋が儲からず、日本経済が回らない、と言う話をよく耳にしますが、こういう空家を量産するくらいならもっと計画的な都市開発とか行政には考えてもらいたいですね。

Petri5520と茅ケ崎
最後はレンズテストの際のランドマークにしている、とある美容室の看板の上の置物を一枚。
金属の質感とか上手く出ている様に思います。

久々にPetriレンズを持ち出しましたが、なかなかきれいに映りますね。
UCS辺りでメンテされたPetriレンズを購入するかあるいはジャンクで使えそうなものを購入してメンテナンスに出してしまえば、UCSで売っているPetriアダプターでこういう写真が撮れるわけですから良い時代になったものです。

そう言えばUCSのアダプターはEマウント用が品切れになってました。
α7シリーズで使う方、結構おられるのですかね?

さて明日は何を撮りに行きましょうか。
スポンサーサイト

日曜日のPetri55/2.0が見た箱根駒ヶ岳の晩秋

いやいや、カメラ ユーシーエスさんとこで購入したPetri-Xマウントアダプターが良い調子で今日もほとんどPetri55/2.0ばかり使ってました。
晴天で開放2.0は厳しい状況でしたが、さてどう映りましたでしょうか。

共通データは
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Petri-Xmountadapter+Petri55/2.0(F2.0AE)
となります。

ペトリ
昨日に続いてこの組み合わせ。
APS換算で83mmくらいのポートレートレンズってところですが、使い方次第では色々使えますね。
今日もほとんどこれを使ってました。

ペトリと箱根
1枚目はケーブルカーの待ち時間で前に並んでた親子連れの背負っていた子供とそのザックが気になったので一枚。
山登り用にこういうの販売しているのですね。
良い時代ですわ。

ペトリと箱根
2枚目は山頂に着いた後富士山を眺められる展望台でSoligor135mmのテストをしていたところ富士山に興奮する子供と富士山の話をするお父さんが目に入ったので急いでレンズ交換しての撮影。
とっさのピント合わせも楽にできますね。
AFだと案外ピントが迷いそうです。

ペトリと箱根
3枚目は山頂の分社から湘南方向の展望台に向かう途中の遊歩道の柵を使ってPetri55/2.0のボケ方をみたものです。
あんまりうるさくないかなって印象ですね。
1枚目の印象と組み合わせるとポートレートレンズとして使ってみたくなります。
レンズ自体は3kくらいで投げ売りされてましたけど、メンテすればこれくらい撮れるというのがPetriレンズの凄さかなあと思います。

ペトリと箱根
4枚目は湘南方面の展望台で小田原や大磯、二宮を探している時に山頂を駆け上がってきたトレイルランナーの方が奥のベンチで休憩に入ったところを捉えた一枚。
三連休とか関係なく休日の日課にしている様な感じでしたね。下りはケーブルカーを使ったのか、それとも走って帰ったのかはわかりませんが、体力あるなあと思いましたね。

ペトリと箱根
最後は駒ヶ岳山頂からケーブルカーで箱根園に降りて、近くの蕎麦屋で行列待ちをしていた際の一枚。
蕎麦屋の方は何と言うか、西武の経営だしこんなもんかな、って感じでしたが遊具がいっぱいあるので子供たちを飽きさせない工夫が至る所にありました。
たまたま目の前に懐かしい牛カート(100円を入れると5分くらい動くモーターカー)があったのですきっ腹でぼんやり眺めていたら子供が飛び乗ったのですかさず捉えた一枚。
シャッターを押す直前に「帰るから降りてらっしゃい!」という母親の声を聞いて飛び降りたところを抑えました。
ピントさえあってればX-Pro1ってこういうシーンも行けるのですね。
Petri55/2.0のEVFでの見え方が良かったからかもしれません。

ペトリマウントアダプターはこちらで販売してます。
ユーシーエスさんではPetriレンズも扱っている様ですので、一緒にお買い求めになると良いかもしれません。
ただし、メンテナンスをちゃんと行ったレンズでないと今日掲載した様な画像にはならないかもしれませんのでご注意ください。

土曜日のPetri55/2.0が見た新宿夜景と家具

本日は所用で新宿へ。
家具を買い替えようかと見に行ったのですよ。
併せて先週カメラユーシーエスさんから、「うちで扱ってますよ!」と教えてもらったPetri-Xマウントアダプターを使ってX-Pro1に久々登場のPetri55/2.0を付けて見ました。
共通データは以下の通りです。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Petri-Xmountadapter+Petri55/2.0(F2.0AE)

なお、今回は撮影途中でカラーモードを色々弄って見たので、いつも以上に色が不安定です。
それでもクリアに映るPetri55/2.0って良いですわね。

ペトリ
NEX-7と組み合わせたことはありましたが、X-Pro1とはまだだったペトリレンズ。
UCSさんのおかげでどなたでもXユーザーならペトリレンズを使うことが出来る様になりました。
他にもEマウントやm3/4マウント用も扱ってますので興味のある方ぜひ行ってみてください。

ペトリ
1枚目は新宿小田急百貨店の夜景。
クリスマスシーズン突入と言う事で、窓の照明がクリスカスカラーに変わってました。
こういう演出ってきれいで良いですね。

ペトリ
2枚目は新宿NSビルのクリスマスの飾り付け。
絞り開放なんで滲んじゃってますけど、雰囲気は伝わったかなと。

ペトリ
3枚目も同じく新宿NSビルの飾りつけ。
ベンチに座ってうなだれる青年が目を引いて一枚撮りました。
何かあったのでしょうかねえ?

ペトリ
4枚目は家具屋のワンシーン。
木目サンプルを使って近距離でのボケの出具合を見てみましたが、まあすごい。
結構背景がぼけますよ。
でもそんなにうるさくなさそう。

ペトリ
最後は最短距離で木目の映り方をチェック。
木目の毛羽の部分まできっちり撮れているのが流石です。
いや、UCSさんがアダプターをリーズナブルな値段で出してくれたおかげで、中古で捨て値状態だったペトリレンズが息を吹き返したりしたら面白いんですけどね。
マウントアダプターがあって、クリーニングをきちんとやったらこんなに良く映るレンズもなかなかないですから。

土曜日のペトリ55mmが見た江の島

本日は所要で湘南方面に出動したので、帰りがけに江の島に立ち寄った。
真夏日と言うこともあってとにかく暑いし日に焼けたのであります。

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

1~7枚目:SONY NEX-7+Petri55/2.0(絞り開放、JPEG圧縮のみ)

とにかく直射日光が強くてEVFでも厳しい状況の中、ペトリの55/2.0は良く頑張ったなあと言う印象でした。
特に3枚目とか5枚目みたいなシーンだと、白とびとか起こってもおかしくない状況でしたし。

Charley944さんやhiroさん、I先生のクリーニングの力は偉大だなあと思いましたよ。

日曜日のペトリ55/2.0が見た北浦和公園

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55

ペトリ55
(絞り開放)

ペトリ55
(絞りF11)

ペトリ55
(絞り開放で奥に焦点を合わせる)

ペトリ55
(絞りF11で奥に焦点を合わせる)

ペトリ55
(絞り開放)

ペトリ55
(絞りF11)

ペトリ55

ペトリ55
(絞り開放)

ペトリ55
(絞りF11)

ペトリ55
(絞り開放)

ペトリ55
(絞りF11)

1枚目:iphone5
2~14枚目:SONY NEX-7+PetriCCAuto55/2.0(2~4、6~8、10~11、13枚目:絞り開放 5、9、12枚目:絞りF11 JPEG圧縮のみ)

昨日、hiroさんから試作品のPetri-L39マウントアダプターをお借りできたので、本日はペトリ55/2.0で秋の北浦和公園を撮影。
距離計非連動であるが、最近はライカもMtype240なんてのを出しているくらいなんで、もう距離計非連動でも問題ないんじゃないかな、と思うところ。

レンズは元々マウントアダプター作成をhiroさんにお願いした際にジャンク品のペトリについてきたもの。
これをCharley944さんとhiroさん、I先生のお三方でメンテナンスしていただいた逸品であります。
試写の結果はご覧のとおり。
フードをつけないと日光が差しこんだ途端にハレーションが起きるのですが、そうでないシーンではしっかりした映りになっております。

例によって絞り開放とF11での比較もやってみましたが、近距離での撮影だとF11でもそれほどはっきりしないのかなと言う感じです。
これはペトリのレンズを設計した人の感性かもしれませんが、絞っても寄ればボケが出てくる性質は、自分の撮り方からすると好ましく感じられました。
ニコンヤキヤノンとは明らかに異なる設計思想で作られたレンズが今もこういう映りを示してくれることは面白いと思うのですが、値段を考えるともうちょっと高くても罰は当たらないんじゃないかと二律背反的なことを考えてしまいます。

コシナ辺りがこういう銘柄を復刻してくれたりすると再評価に繋がったりすると思うのですけどね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。