スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のAR135/2.5が見た寒川神社境内の様子と神前結婚式に向かう夫婦を乗せた人力車

XF14/2.8で調子に乗って撮影していたらSDカードが満杯になったので、レンズをAR135㎜に換装してSDカードも交換して撮影続行です。

1枚目:iPhone5
2~10枚目:FUJIFILM X-Pro2+KONICA AR 135mm/2.5(Full-OpenedAE)
      ※いずれもクラシッククロームモード
AR13525
いまやコピー機メーカーになってしまったコニカの往年の銘レンズARシリーズから135㎜での撮影です。換算200㎜弱というところですが、ある程度距離を開けて人物撮影やるならこれがベターかなと思う次第。
さて、その結果はどうだったでしょうか?

AR13525と寒川神社 
1枚目は山門前のおみくじの中央部に焦点を合わせての一枚。
かなり薄いピントになりますね。

AR13525と寒川神社 
2枚目は寒川神社境内でお参りを終えた親子連れを一枚。
この日はお宮参りに来るご家族連れも多く、撮影の最中何組か記念撮影をしてあげました。
RFスタイルのデジカメでの撮影だったので、セミプロと勘違いされたようです。
神社を入れて全体入る感じで撮りましたが、バストショットの方が良かったかな?

AR13525と寒川神社 
3枚目は山門前の桜をバックに記念写真を撮る女性を側方より一枚。
奥にはお宮参りを終えて帰路を歩くご家族もいて、休日の昼下がり、という感じになったかなと思います。

AR13525と寒川神社 
4枚目は3枚目の女性の背景にあった桜を一枚。
中央のピントの合った部分のキレッキレな写りとその前後のボケ方はこのレンズならではかなと思います。

AR13525と寒川神社 
5枚目は手前に桜の花を入れて、山門脇の狛犬を一枚。
なんかこう凛々しさを感じましたので。
ただ、桜の花のボケ方が意図通りにならなかったかなあと。
4枚目みたいな前ボケにしたかったのですけどね。

さて、ここでSDカードの残容量を少なくなったので帰ろうかと思ったところ、丁度前方から花婿花嫁を乗せた人力車がやってきたのですよ。
で、急遽撮影続行であります。

AR13525と寒川神社 
6枚目は緊張した面持ちの花婿さんと花嫁さんを一枚。
後ろから双方のご家族の方が歩いておりましたが、焦点距離200㎜相当ではこうなりますわね。
白無垢衣装なので露出明るめのものを。

AR13525と寒川神社 
7枚目は丁度真横を人力車が通過する瞬間を狙っての一枚。
ピントをどちらに合わせようか悩みましたが、奥の花嫁さんに合わせました。
これで正解だったかも。

AR13525と寒川神社 
8枚目は悩んだ末に沿道の参拝客が拍手する様子も入れての一枚としました。
ピントは花婿さんの眼鏡に合わせたのですが、奥の花嫁さんにもピントが行ったので良かったかなと。
人前を通る結婚式なら、こういうシーンもあって良いと思います。

AR13525と寒川神社 
最後は寒川神社奥の神獄山神苑散策から帰る途中のご家族を一枚。
奥の日本庭園も良い景色という話ですので、次回はこちらにも寄ってみようかな。

さて、今回は名残惜しい桜を見に寒川神社近辺を歩いてきたのですが、これから季節は初夏に向かって暖かくなっていきます。

菜の花も見ごろになってますから、また歩きに来ませんとね。

さて、来週はどこに行きましょうか。






 



スポンサーサイト

土曜日のAR135/2.5が見た茅ヶ崎ヘッドランド

さて、パンを焼く前にもう一回更新です。

今日はFDズームの他に135mmARレンズを持ってきました。
多分私の撮り方だと海岸とか広いところにいくならこれくらいの望遠があった方が良いかなと思ったのですが、正解だったようです。

街撮りでは使いにくい焦点距離ですが、こういうシーンであれば大活躍できそうですね。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+KONICA AR 135/2.5(絞り開放、JPEG圧縮)

AR13525
いつもの撮り方ですとあまり使うことがない望遠レンズなのですが、こういう開けたところでの撮影だと効果が出るかなと思った次第です。
コニカARレンズは結構当たりはずれがあるのですか、個人的にこのレンズは当たりと言う気がしました。
以前江ノ島で使った時は今一良さを伝えきれなかったのですが、海岸みたいなシーンで使うのが良いようですね、このレンズは。

AR13525とヘッドランド
1枚目はヘッドランド入り口付近でボードとパドルを持って砂浜に歩き出すサーファーを背後から一枚。
風も穏やかでしたので、パドルサーフィンもやりやすかったのではないでしょうか。

AR13525とヘッドランド
2枚目は多分海で遊んでいる家族連れが置いて行ったサンダルでしょうか。
防風柵の上にかかっていたのですが、丁度曇天の光量に合うシーンに思えたので一枚。

AR13525とヘッドランド
3枚目は砂浜で遊ぶ親子連れを一枚。
これくらいの年齢の子供ですと、海に来ただけで楽しいものでしょう。
砂弄りに夢中になってました。

AR13525とヘッドランド
4枚目はこれから海に入ろうとするサーファーを一枚。
丁度昼少し前だったのですが、これからサーフィンやって13時くらいに引き上げるのでしょうかね。

AR13525とヘッドランド
5枚目はシャッターのタイムラグをうっかり忘れた一枚。
茅ヶ崎漁港の漁船がヘッドランド前を通りかかったので烏帽子岩と合わせて撮ろうと思ったら舳が見切れました。
練習しないといけませんね。

AR13525とヘッドランド
最後は近距離でのサンプルを一枚。
ヘッドランドにはおそらくオープン当時に設置したと思われる木の柵の断片が残っているので、その端を撮って見ました。
金属の質感とか木目が良く出たのではないかと思いました。

久々の135mmでしたが、ヘッドランドみたいなところで撮るならこれとUC80-200ズームを持ってきた方が私の意図にあった撮り方が出来そうですね。
良い発見でした。

さ、パン焼いて食べるとしますか。

さて、明日はどこへ行きましょうかね。

土曜日のコニカARヘキサノン135mmが見た江の島

大体諸事情の方が本題で、江の島行脚は余禄だというのに、前日から「終わったら江の島で写真撮るざます」とバックの中にレンズ詰めてたら一番大きく重かったのがこのレンズでありました。
今日のバックの重さの1/3はこのレンズのせいですね。
しかも江の島みたいに路地が細かったり人との距離があまり稼げないところだと、前回の月島撮影とは違って取り回しに苦労しました。

コニカ135

コニカ135

コニカ135

コニカ135

コニカ135

コニカ135

コニカ135
(絞り開放)

コニカ135
(絞りF11)

コニカ135

コニカ135

コニカ135
(絞り開放)

コニカ135
(絞りF11)

コニカ135

コニカ135
(絞りF11)

コニカ135
(絞りF11)

コニカ135
(絞り開放)

コニカ135
(絞りF11)

コニカ135

コニカ135

コニカ135

1枚目:iphone5
2~20枚目:SONY NEX-7+KONICA AR HEXANON135/2.5(絞り開放、JPEG圧縮のみ、8・12・14・15・17枚目は絞りF11で撮影)

それでも、135mm望遠(換算200mm)の圧縮効果の所為か、思ったよりいい写真が撮れたかなあと思いました。
絞りをF11まで絞ると、遠景もはっきり写りますが、その分シャッター速度を稼ぐのが大変になります。
それに大きく重いレンズですから肩や腰にも負担が来るのですよ。
映りについては見てご覧のとおり、かなり現代的でありつつもフィルムっぽい感じも残っていて、晩夏の江の島を感じられるのではないかなと思いました。

路地裏も回ってきたのですけど、これで撮影した写真はあまりいい感じじゃなかったので今回は外しました。
やはり路地裏探訪中心ならば35mmとか28mm位をお供にした方が良いかもしれません。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。