スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のOM50/1.4が見た小田原ちょうちん祭り

さて、本日は小田原ちょうちん祭りがあるというので行ってきましたよ。
とは言え神輿を出す前に雷雨のアラームが鳴ったのと、神輿の出発が遅れそうな雰囲気だったので、神輿パレードの前に撤収しました。
まあ、夏祭りは雷雨との勝負でもあるので仕方ないですね。
共通データは下記のとおりです。
1枚目:iphone5
2~17枚目:FUJIFILM X-Pro1+OM50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

OM
本日はOMを装着してみましたよ。
先日R-D1xGに付けたデータを上げたところCharley944さんからミラーレスに付けた際の絶対焦点面での映りはどうなんだろう?とのフリを頂きました故。

ちょうちん祭り
この後掲載しますが、この日は小田原漁港にも行ってきたのですよ。
そこから小田原城に向かう途中で益田孝という人物の記念館の案内看板を見かけたので行ってみました。
ここが何とも良い雰囲気の場所でありました。

ちょうちん祭り
こんな入口ですが、中にある資料は日本の明治~昭和初期の経済体制がどう動いていたかを物語る超一級の資料の山でした。日本近代史好きにはたまらない場所ですね。
しかも運営されている館長さんは、益田鈍翁の執事をされていた方のお孫さんとの事。
平成13年に開館したとの事ですが、お茶の世界で有名な方の所為か、そういうお客さんが多くて私の様に「うっはー、日本の近現代史の裏話満載ですやん!!」なんて感じで行った客は初めてだったらしいですよ。
そのため個人的に面白い話や身につまされる話を色々教えて頂けました。
ちなみに益田鈍翁さん、三井物産や日本経済新聞の創始者として有名な方ですが、その他に小田原紡績と言う会社を運営されていたそうで、関東大震災の被害で小田原紡績を畳んだ後、跡地にフジフィルム小田原工場(当時は何とかセルロイドって社名だったそうです)を誘致されたそうです。
X-Pro1を持ってここを訪れたのも何かの奇縁なんでしょうかねえ。
また来ようと思いましたよ。

ちょうちん祭り
鈍翁in西海子でお茶を一服たしなみ、大通りに出た後灼熱の路地を歩いていると桶修理の看板を見かけて一枚撮影。
手桶とかまだ修理する店があるのですね。

ちょうちん祭り
小田原城に向かう路地を入ったところに、昔営業していた本屋の店先を見つけたので撮影。
こういうガラスの展示張出スペースって懐かしいですね。

ちょうちん祭り
小田原城に入るとか細く囃子の音色が聞こえてきたので行ってみると、荻窪はやし保存会による演奏が行われてました。
こちらは第二会場みたいで、第一会場のお囃子と比べると大太鼓とかがないので実音量だけの勝負になってました。
第一会場と時間をずらすような運営が出来ればよかったのでしょうけどねえ。

ちょうちん祭り
こちらは第一会場での演奏。大太鼓もあるのでとにかく音の響きが違いました。
よく見ると演奏する人数も違いますね。
迫力がありました、こちらは。

ちょうちん祭り
第一会場のお囃子を聞いていると脇に神輿が置いてあったので一枚撮影。
あの後神輿パレードでは勇壮に練り歩いたのでしょうか。

ちょうちん祭り
大窪の神輿を撮影していると、宮本のちょうちんをつけた神輿も止まったのでそちらも撮影。
汗が止まらん、とスポーツドリンクを飲まれる担ぎ手さんも居られたようです。

ちょうちん祭り
暑さが厳しいので、近くの岡西に涼みに行こうと城を出たところの橋にかかっていた提灯を撮影。
X-Pro1+OM50/1.4だとこんなボケになります。

ちょうちん祭り
橋を渡りきったところで、親子連れとちょうちん飾りを撮影。
城のお堀端には様々な飾り付けを施したちょうちんが8月末くらいまで飾られるそうです。

ちょうちん祭り
岡西に向かう途中の路地で良い感じのカップルを見かけたので撮影。
手をつないで歩くって、日本人はなかなかやりませんね。
こういう風にやればいいのに。気恥ずかしいことでもないわけですし。

ちょうちん祭り
岡西で生イチゴみるくのかき氷を食べて涼み、体温が下がったところでもう一度小田原城前の路地へ。
丁度神輿パレード開催に向けて大会本部長等の挨拶が行われてました。
その挨拶場所の近くに止まっていた神輿と担ぎ手さんを一枚。

ちょうちん祭り
神輿パレードを待っていたところ、携帯に雷雨のアラームが鳴ったことや空模様がおかしくなってきたので、撤収することに。すれ違いざまに神輿担ぎに戻ってきた地元のお祭り連の方々を撮影。

ちょうちん祭り
小田原駅に向かっているとお囃子が聞こえてきたのでもしやと駆け上がると、入り口付近で演奏されてましたよ。
観光客へのアピールも兼ねているんでしょうね。
中太鼓があるからか、お囃子の音色もよく徹ってました。

ちょうちん祭り
新宿お囃子会の演奏の横で、子供が平太鼓を叩く叩き手さんをじっと見つめていました。
もしかすると10年後にはこの子もお囃子の演者になっているかもしれません。

ちょうちん祭り
最後は駅の改札にある大提灯を。
ちょうちん祭りだから、と言うことではないようですが、小田原ちょうちんのデザインって結構良いなあと思うのですよ。
持ち運びや整理に便利そうで。

そんな感じのちょうちん祭りでした。
8月に入ると漁港でイベントをやるみたいですので、また行ってみますかね。
スポンサーサイト

水曜日のOM50/1.4が見た川越氷川神社

本日は通院の関係で一日休暇だったので、病院の帰りに川越氷川神社に行ってみた。
手元にはレンズ交換をしてなかったので、R-D1xGとOM50/1.4の組み合わせ。
さてどう映るやら。

共通データ
1~2枚目:iphone5
3~12枚目:EPSON R-D1xG+OM50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

OM

OMアダプター
距離計連動アダプターって何?と言う方がおられたので、こんな感じでつけてますよと言う写真を1枚。
直接改造がメジャーじゃなかった時代の産物なのだと思いますが、確かライカM距離計連動アダプターとしてHANSAがOMマウントとかニコンFマウントとか出していたような気がします。
ライカMマウント系列機種に装着すると50㎜のレンズ枠が表示されるので、50㎜標準レンズをつけるのに良いといううたい文句でした。
中央、HANSAの文字の下の数字の着いたダイヤルで距離計連動を行い、その数値を確認してからOMレンズ側の指標を合わせるという構造で、charley944さん他の改造レンズからしたら速射性ではかなり劣るものの、レンズそのものを弄るわけではないので、改造して元に戻せない、ということはこの場合ありません。
前回も書きましたが、ポートレートとかに使うのであれば全く問題ありませんし、ある程度距離感さえ掴めば、一々マウントアダプター側の数値を読み取らなくても大体こんな距離かなって辺りは見えてきます。
もし中古市場でみかけたらぜひ使ってみてください。

川越氷川神社
1枚目は氷川神社の入口より参詣の情景を撮影したもの。
丁度日差しが出てきたのでちょいとレンズ内の乱反射が出てしまってますね。

川越氷川神社
2枚目は神社側から入口の風鈴回廊を撮影したもの。夕方以降だとライトアップするということですが、昼間はこんな感じです。幻想的な情景を見るのであれば夕暮れ時以降に行くのが良い様ですね。

川越氷川神社
3枚目は入口の風鈴回廊にて飾られた風鈴を撮影したもの。丁度撮影中に風が吹いて良い音色を響かせてました。
風鈴は縁結びのためのもので、8月31日まで飾られるそうです。
なお詳細を解説した氷川神社のHPはこちらになります。

川越氷川神社
4枚目は境内にある鯛釣り占い。これも縁結びのお守りなんでしょうね。
丁度釣れた鯛に良縁が書かれていたのでしょうか、スマホのカメラに占い結果を撮る女性が居られましたので、一枚撮影しました。

川越氷川神社
5枚目はちょっと角度を変えて、奥の赤い傘に焦点をあてたもの。
日差しが入ってきたので幻想的な雰囲気になりますね。

川越氷川神社
6枚目は神社の脇にある風鈴回廊の上側を一枚。
こちらも風が吹くと良い音色が流れます。
ここと入口で合わせて888個の風鈴が飾られているそうです。

川越氷川神社
7枚目は風鈴回廊の奥から神社の社務所を臨んだものです。
こちらも夕方以降は幻想的な風景になるのでしょうね。

川越氷川神社
8枚目は丁度風が吹いたところを一枚抑えたもの。
とは言えちょっとタイミングがずれたのかあまり短冊が揺れる感じは出ませんでしたね。

川越氷川神社
9枚目は風鈴回廊の脇にあるご神木の幹を一枚捉えたもの。
幹の色合いがきれいに出てますね。

川越氷川神社
最後は風鈴回廊に願い事を書いた短冊を取り付けに来られた女性二人を撮ったものです。
上の風鈴につけたいということで、係の方に脚立を借りてました。

最後の写真は距離計連動アダプターを一々見ていたのでは間に合わないと思ったので、目測3~5mくらいかなと速射したものですが、F1.4でも何とかうまくいったみたいですね。

係の方に聞いてみると、この氷川神社の風鈴回廊や天の川のプロジェクションマッピングは19時くらいから見に来られた方が幻想的で良いということなので、今度はそれくらいの時間に行ってみるとしましょう。

月曜日のOM50/1.4が見た小田原市街

本日は午後から小田原市内の甘味処に行ってきました。
小田原産夏ミカンのかき氷を急に食べたくなったのですよ。

で、西湘バイパスで30分程度の旅でありました。

次回小田原に行くときは漁港にも行ってみたいねえ。

本日の機材は下記のとおりです。
1枚目:iphone5
2~5枚目:EPSON R-D1xG+OM50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮、NDフィルター使用)

OM5014

小田原
1枚目は小田原駅前の薬局の玄関で客を出迎えるサトくん。来週小田原ちょうちん祭りがあるとかで、浴衣を着ております。こういうサイズの浴衣もあるのですね。

小田原
2枚目は小田原城前に店を構えるうなぎや松琴楼のすだれ。
そう言えば来週火曜日は土用の丑の日ですね。
きっとにぎわうことでしょう。

小田原
3枚目は小田原城の入り口にある橋から下を眺めるご老人を一枚。
丁度下には鯉が群がっておりました。
近くの看板には、「鳩と鯉が争うのでエサを上げないでください」の文字がありました。
鯉と鳩ってけんかできるのですかねえ?

小田原
最後はちょいと引いたところから橋と三の丸を撮影。
手前の木枠は来週のちょうちん祭りの飾り付け用の枠だそうです。

こうやってみるとOMレンズはやはり原色をブーストする傾向があるのかなと思いました。
今日の写真全て赤が強調されてますしね。
X-Pro1につけるとまた違う傾向になるのかもしれませんが。

日曜日のOM50/1.4が見た沼津漁港

えー、出戻りのやつとうとう距離計連動改造に手を染めたか、と思ったあなた。
甘いですな(笑)
私にそんな技能はありません。工作機械もありません。
そんなもん借り物の社員寮でやった日には呼び出しくらうか機械毎ボッシュートであります。

今回はむかーしむかし、HANSAが出していたOMレンズ用距離計連動アダプターを用いての撮影であります。
丁度ライカMシリーズに装着すると50mm枠が表示される仕組みなのですが、R-D1シリーズの場合撮影枠は手動で合わせますのであまり関係ないわけであります。

丁度家の掃除をしていたらようやく出てきたので、今回テスト撮影を兼ねて持ってきましたことですよ。
このアダプター、通常の距離計連動とは異なり、距離計部分は根元の調整リングで合わせます。
で、その指標を読み取ってOMレンズ側のヘリコイドを動かすという多分当時としては画期的なシステムであったわけですが、あまり高評価を得られなかったからか敢え無く生産中止の憂き目にあいました。
悪くないと思うのですけどね、このシステム。
速写性が必要なら純正ライカレンズかコシナレンダー辺りを使って、こっちはポートレートとか狙って撮影するものに使用すれば使い分けができて便利です。
それでは撮影結果を。

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

OM

1枚目:iphone5
2~15枚目:EPSON R-D1xG+OM 50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮,NDフィルター使用)

全体的に光がきれいに入っている時の原色方向のブーストが結構強いなあと言う気がしました。
11枚目のびゅうおについては、急に曇天になったのでこういう色になりましたが、あとは全体的に赤や黄色が強調されている様な感じですね。

なお、このびゅうお、昨日の夕方落雷で自重落下式堤防が誤作動したとかで、15時から18時近くまで堤防が下りてしまって動かなかったそうです。
その結果、夕方からの漁港食堂の仕込みにも多少影響が出たのだとか。

東海沖地震対策の堤防がまさか落雷で誤作動ってことになるとは思いませんでしたが、これもまたいい経験になったとびゅうおの管理をしているご老人は笑いながら話しておられました。
もっとも機械の修復に当たった国土交通省地方整備局の方々は大変だったと思いますけどね。

この後、雲行きが怪しくなったので帰路につき、先ほどまで家で3~4枚目の撮影をした漁港内の魚屋で買った地鯵を捌いてました。久々にやると結構疲れますね。皮のはがし方もすっかり忘れてましたし、たまには魚捌きもやらないといけませんわ。

日曜日の七夕

七夕

七夕

七夕

七夕

七夕

1~5枚目:SONY NEX-7+OM ZUIKO MC AUTO-S 1:1.4(絞り解放、色調スタンダード、JPEG圧縮)

七夕なんで七夕らしいものを撮ろうかと、勤務先の近くを歩いていたら、七夕の詩の石碑を見つけた。
作曲者とこの公園に何か縁でもあるのだろうか。

さすがに一時間歩いていたら、高温のサウナに入っている様な気分になったので、カメラをしまって帰路につく。
50mmだとNEX換算で75mm相当の筈だけど、色合いが気に入っているので、しばらくは何かあった時の切り札的に持っていようかなと思う。

プロフィール

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。