スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のX100Tが見た江ノ島中津宮

さて、どんど焼きの後は家内と江島神社にお参りに行ってきました。
正月を過ぎた江ノ島はどうだったでしょうか?
1枚目:iPhone7
2~6枚目:Fujifilm X100T(Full-OpenedAE)

ちょっとしたお出かけは最近はX100Tを持っていくことが多いです。
特に家内と歩く場合は。
何せMF撮影なんぞやっていたら置いていかれますからね。AF前提で行くしかありません。
ま、MF撮影は一人で散策する時だけで十分ですわな。

1枚目は江島神社参道のお店の前で食べる親子をノーファインダーで一枚。
久々にやりましたが、勘は鈍ってないようですね。

2枚目は参道の混み具合を一枚。
正月と比べると其れ程の人出ではないですね。

3枚目は江島神社中津宮前の様子を一枚。
参道とは打って変わってかなり混んでました。

4枚目は江島神社中津宮社務所の巫女さんを一枚。
ひっきりなしに訪れる客さばきに追われてました。

最後は中津宮社務所で御神籤をひくカップルを一枚。
縁結びの神様と言うこともあって大勢のカップルで賑わってました。
つきあっているうちが華よね、と家内は申しておりました。どっとはらい。
さあ、次回はどこを撮りに行きましょうか。
スポンサーサイト

歳末のX100Tが見た甲府

年末最後の更新は甲府の写真になりました。
今日は日帰り弾丸ツアーで朝から甲府に行っていたのですよ。
家内の実家の用事を終わらせて、昼食べてから自宅に戻りました。
一枚目:iPhone7
二~三枚目:FujifilmX100T(Full-OpenedAE)

旅カメラならこれですね。
使い勝手の良いサイズで重宝します。
レンズも良いですし。
なお、充電器は運が悪いと二年で壊れますのでご注意を。

一枚目は一宮御坂近くの洋菓子ウエスト工場の庭園にある桜の木を。
春が楽しみです。

今年最後の写真は同じく洋菓子ウエスト工場庭園脇に咲く花を。
冬の光に鮮やかな黄色を見せておりました。
さて、来年はどこに行きましょうかね。
それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

土曜日のX100Tが見た一葉記念館

本日は昼から三ノ輪の近くにある台東区立一葉記念館に行ってきました。
なかなか面白いところでしたね。丁度今は「にごりえ」の特集を組んでますが、当時の岡場所の情景が事細かに説明されていて、勉強になりました。
すぐ近くに吉原もあるので、玉ノ井や鳩の街と何処か似ていて、しかし現役の風俗街を間近にした情景はすごいなと思いました。
撮影データは以下の通りです。
1枚目:iPhone7
2~5枚目:FujifilmX100T (Full-OpenedAE)

今日はX100T一台で歩いてきました。
丁度出がけにYTYTさんのX100Tで撮った写真を見たので、自分もと思った次第。

1枚目は吉原の入口から吉原交番方向を一枚。
廓に入る人が顔を見られない様に、入り組んだ路地にした様です。

2枚目は吉原神社入口前を一枚。
丁度付近のマンションから出てきた親子連れがいたので抜き打ちで撮った次第。
一見するとインパクトあるシーンには見えないかもしれないですが、所謂風俗街と住宅街が混在する千束という土地はすごいなと思いました。

3枚目は一葉記念館前で遊んでいた子供たちを一枚。
「たけくらべ」の話を見た後だと、感じ入るものがありますね。

最後は3枚目と同じシーンをモノクロで。
こうした方が情感ありそうですかね。
今回は思い立って台東区までいきました。
この辺りからちょっと歩けば浅草も目と鼻のさきです。また歩きに来ましょうかね。
さあ、いよいよ年末。
今年の最後は何を撮りに行きましょうか。

金曜日のX100Tが見た原宿・表参道

本日はKinoplasmatさんやneolibatesさんをはじめとしたJapanLeicaClubの方々が写真展を開催していると言う事で原宿表参道からちょいと路地を入ったギャラリーNP原宿に行ってきました。

皆様力作ぞろいで、カラーやモノクロで影・蔭・翳を表現されてました。
こういう表現方法もあるのかと勉強になりましたね。

丁度私が訪問した時にはKinoplasmatさんが居られましたので、作品コンセプトについて伺うことが出来ました。
プリント用紙までこだわった姿勢は流石の一言ですね。

1枚目:iPhone7
2~7枚目:FUJIFILM X100T(Full-OpenedAE)

X100T
AFの微妙な中抜けはあれども夜間撮影をAFで行うなら、多分手持ちカメラの中ではiPhone7に次いでちゃんと撮れるカメラなんですよねX100Tは。
フードをつけるのを忘れたので、思ったよりネオンの反射光が入ったりしましたが、今度夜景をこれで撮りに行こうかなと思いました。

X100Tと原宿
1枚目はJLC写真展を開催しているギャラリーNP原宿の玄関を一枚。
表参道からちょいと奥に入ったところなので、うっかり行き過ぎてしまいそうになりました。
この周辺も結構撮りがいのある場所だなと思いました。
丁度12月中旬くらいまで、1Fのナショナルフォートではコダックのフィルムを安売りしている様ですので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか。

X100Tと原宿
2枚目はKinoplasmatさんと話し終わってギャラリーを出たところの階段から路地を撮影したもの。
17時過ぎですがもう夜になってますね。
最新式のデジタルカメラやスマートフォンでないと、結構難しい撮影になりそうです。

X100Tと原宿
3枚目はギャラリーから表参道に抜ける帰路に見かけたカフェの脇にあった排煙口を一枚。
調理中だったからかもうもうと煙が出てました。
雨も降っていたので微妙にサイバーパンクっぽい雰囲気を感じました。

X100Tと原宿
4枚目は帰路別な路地に入ったところで見つけたウインドウを一枚。
良く判らないですが、何かのショップの宣伝なんですかね?

X100Tと原宿
5枚目は原宿駅に向かう途中ですれ違った若い外人親子のうち、旦那に子供を預けた奥さんが婦人服の店のウインドウに目を停めた瞬間を振り向きざまに撮影したもの。
AFワンプッシュでしたが、うまくピントが合いました。
この直後、奥さんは旦那に「もう行くぞ」と声をかけられ、「まだ見たかったのに」みたいな雰囲気でついて行かれました。

X100Tと原宿
最後は表参道のソフトバンク原宿のウインドウでペッパー君を撮影していた母親を一枚。
どうも中で旦那と子供がこのペッパー君で遊んでいたようですね。

久々に歩いた原宿でしたが、夜景も良いですね、撮って見ると。
また横浜とか夜景撮りに行こうかなと思いました。

さて、次回はどこに行きましょうか。

水曜日のX100Tが見た強羅のレストランの紅葉

日曜日に強羅にある鉄板焼きの店に行ってきましたですよ。
予約必須の店でしたが、微妙に曇天だったこともあって店に入れました。

待ち時間でレストランの周辺を撮ってきたのでその情景を。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:FUJIFILM X100T(Full-OpenedAE)

X100T
最近ちょっとしたお出かけの時はこれを持ち歩いてます。
丁度手ごろなサイズで、昔コニカが出していたヘキサーに似ているので使いやすいのですよ。
下手するとこれだけあれば良いやって感じです。

X100Tと強羅
1枚目は昼下がりの強羅駅裏。
車で来たらえらい急な坂道が続いたのですが、電車で来ればそういうこともなさそうなので、次回来るときは電車にしようかなと思いました。

X100Tと強羅
2枚目は今回来たレストランのメニュー表を一枚。
中々洒落たお店でした。
ランチで5300円/人とちょいと値は張りますが、また行きたいですね。

X100Tと強羅
3枚目はレストラン庭先の色づきだした紅葉を一枚。
あと2週間くらいで赤く色づきそうです。

X100Tと強羅
4枚目は同じくレストランの庭先の紅葉を。
AFを奥の紅葉に合わせてシャッターを押したのですが、その奥の緑葉にピントが合ってますね。
うーん、やはりX100TのAFは微妙に中抜けするなあ。

X100Tと強羅
最後は4枚目と同じ紅葉をマクロモード最短距離で撮影したもの。
こちらはうまくピントが合いました。
どうもX100Tはマクロモードに関して言えばAFが信用できそうです。
普通に撮る時はEVF使用でピントを確認するか、或は最初からMF前提で撮った方が良いのかもしれません。
フジフイルムがファームウェアのアップデートで改良してくれるといいのですけどねえ。

さて次回は晴れていたら入間航空祭の様子を。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。