スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のFD28-50/3.5SSCが見た氷室椿庭園

茅ヶ崎駅から海側に歩いて15分くらいのところに氷室椿庭園という椿の名所があります。
丁度1月から4月までは椿のシーズンですので、この庭園に行くと色々な椿を見ることが出来ます。

花粉症の人はちょっと用心しておかないと、行った後で目の周りがかゆくなったり鼻水が止まらなくなったりしますが、この時期を逃すとなかなか行くことがない庭園ですので、お近くにお越しの際はぜひお立ちよりを。

1枚目:iphone5
2~8枚目:FUJIFILM X-Pro1+CanonFD28-50/3.5SSC(Full-OpenedAE)

FD285035SSC
MFのズームレンズを買うならFD/SSCかNFD/LかY/CかLeicaRにしておけば無難、というのがクラレン連の見解です。
で、その中でこれまで35-70のズームはたまに紹介してましたが、28-50ってのはあまりなかったなあと思って今回出してみました。
X-Pro1ですと、42㎜~75㎜という焦点距離で使えます。
さて、どんな写りでしょうか。

FD285035SSCと氷室椿庭園
1枚目は雨上がりの露が花弁に残る椿を一枚。
マクロモードでの撮影です。
思ったより近くまで寄っての撮影でしたが、花弁や雄蕊雌蕊まできれいに映るってのはさすがキヤノンですね。

FD285035SSCと氷室椿庭園
2枚目は同じように椿を撮りに来た近所にお住いの方を一枚。
近隣にこういう椿庭園があると楽しいでしょうね。

FD285035SSCと氷室椿庭園
3枚目はやはりマクロモードで侘助を。
色合いが淡いので、再現力を見るために撮ってみました。
淡いピンクの色合いがうまく出たかなと思います。

FD285035SSCと氷室椿庭園
4枚目はこれもマクロモードで胡蝶侘助だったかな、を一枚。
淡いピンクと濃いピンクの対称が気になったので撮ってみました。
これもうまく再現できたかなと思います。

FD285035SSCと氷室椿庭園
5枚目は氷室椿庭園の中にある氷室邸の縁側に腰かけて椿を眺めるお婆さんを一枚。
雨上がりの穏やかな日差しが差し込んでいました。

FD285035SSCと氷室椿庭園
6枚目は椿の蕾を一枚。
これもマクロモードで。
もうじき咲きそうな感じでした。
来週中には開花するのでしょうね。

FD285035SSCと氷室椿庭園
最後は侘助の一種を一枚。
これもマクロモードで。
花弁の重なり具合が難しそうに見えたので撮ってみましたが、これも良い感じに再現してくれてます。
家の庭に椿を植えたらこういう感じで撮ってみるのも良さそうですね。

二本のズームを今日は使ってみましたが、キヤノンのズームは使いやすいし色再現力もしっかりしているなという印象でした。
トキナーの高倍率ズームも悪くないのですが、比較するとやはり違いは出ますね。

なお、このFD28-50/3.5SSCも最短距離は1mくらいだったと思いました。
氷室椿庭園の様に至近距離まで椿の花に寄れるところであればこのレンズの方がよさそうです。

そう言えば、3月以降は椿に蜂が群がる様になるので、そこは要注意でしょうね。

さて、来週はどこへ行きましょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。