スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のFD24/2.8SSCが見た六本木

六本木

六本木

六本木

六本木

六本木

六本木

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+FD24/2.8SSC(絞り開放、JPEG圧縮)

トークショーが終わってから、六本木ミッドタウン地下のサンフルーツにゼリーを買いに行く。
途中で何枚か撮影。
ピントが合えばきれいに映る。このレベルのレンズで良いので、AFは使えなくていいから1万円台で出してくれないかなと切に思う。
高いレンズだと買った後でがっかりした時のショックも大きいので。
スポンサーサイト

日曜日のFD24/2.8SSCが見たフジTX-1トークショー

ノンライツ写真展の興奮を引きずったまま、14時から富士フィルムスクウェア2階ホールで開催されたTX-1トークショーに参加してきた。
フジが新たに発売した一眼レフライクのミラーレスカメラ。
しかも防塵・防寒・防水対策も完備した現行機種の中で最強のネイチャーカメラだ。

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

TX-1

1枚目:iphone5
2~15枚目:FUJIFILM X-Pro1+FD24/2.8SSC(絞り開放、JPEG圧縮)

トークショーのゲストは瀬尾浩司さん。
プロカメラマンならではの視点で新製品であるX-T1の操作感やカメラ内現像についてのインプレッションを話していた。
印象に残ったのは、AFの焦点移動についての話から、ホストが操作方法について説明された際に「そんな面倒なことやってられない。モデルさんが「撮ってくれ」と思った時に撮れなければダメなんだ」と語ったひとこと。
それ故途中からMF撮影で撮ったという話も繰り広げられ、思ったよりプロはAFの焦点移動はやってないのかなと思った次第。
言われてみればそういうものかもしれない。
モデルに「ちょっと待って」と言いながらカメラのセッティングをあーでもないこーでもないとやっていればリズムは崩れるのだ。
それならMFで意図したところにピントを合わせた方が良い。
ホストの方はワンプッシュAFと言う機能を説明していたので、今度X-Pro1でもやってみようかなと思った。

また、会場入り口ではX-T1とXF56/1.2によるタッチ&トライを実施していたので、これもやってきた。
どうせCP+だと2時間待ちの世界になるし、手持ちのX-Pro1では撮影できなかったが、ピントの合いも早く、ボケ方もきれいな感じであった。
56/1.2は3月発売との事で、これを待っていた方も多いかもしれない。
X-T1との相性もかなり良さそうだった。これはX-T1のEXFが大型で見やすい0.77型によることも大きいと思われる。
このEVFが来るべきX-Pro2にも搭載されてくれれば面白いのだけどねえ。

多分このレンズしばらくは買えないだろうけど、トークショーゲストの瀬尾さんもXF23mm/1.4と56mm/1.2を持ちたいと仰っていたので、今後Xマウントのマスターピースになるんじゃないかなと思う。

そうそう、このトークショーで富士フィルムのホストの方が面白いことを言っていた。
「畳3畳分のプリントを撮影するなら、X-TRANS16,000,000画素で十分行けます。海外ユーザーの方の中には「絶対これ以上画素数を上げるな」と強くプッシュされる方も居られます」と。
会場入り口に展示してあった3畳敷きのプリントを見ると確かにそうだなと思った。

あんまり画素数を上げても今度はシャッターブレとか微妙な手振れが目立ってしまうらしいし、フルサイズに拘らなければもうAPS-Cで十分なんじゃないかと思った次第。
この情勢をフルサイズが覆すなら、M9とか来たるべきX-Pro2みたいな機種にフルサイズCMOSを搭載して本体だけで15万くらいで収まる様にするしかないんじゃないかな。

APS-Cのミラーレスカメラなら、荷物も軽くて済むし移動中も肩や腰に被害が出ないわけだし。

月曜日のキヤノン24mmSSCが見た調神社

以前川越で使った時には、あまりこのレンズについてチェックしてなかったので今回いつもの調神社のうさぎを使って確認してみた。
キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

キヤノン24SSC

1枚目:iphone5
2~18枚目:SONY NEX-7+CANON FD 24/2.8SSC(絞り開放、JPRG圧縮のみ)

見てもらえば一目瞭然。
これまでのオールドレンズは何だろう?ってくらい、良く映り色の再現もばっちり来てます。
4枚目や8枚目の様な逆光の時こそちょっと弱さが出ますが、それ以外の場面であればほぼ万能の力を発揮します。
2枚目とか13枚目みたいなシーンであれば、色再現も含めそれこそその場の時間を凝縮したかのような映りになります。
以前Charley944さんからFDレンズならSSCの方がオススメと伺ったのですが、これは確かにその通りだなと思うのですよ。
仮にCharley944さんの様にコニカやミランダと言った、「どこに眠ってたんだこんなレンズ!?」というF1.2だったり1.9だったりするレンズがたとえ入手できなくても、値段の割に映りの良いFDレンズのSSCシリーズの程度の良いものを買い揃えれば実は値段的にも市場に出ている数的にもそっちの方が幸せになれるかもしれません。

FDレンズのSSCシリーズならキタムラのネット中古でも程度の良いものが手に入りますし。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。