スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日のDistagon35/2.8が見た鳩の町

本日の写真がまだ仕上がってないので、過去出し遅れになったデータから。
12月頭にクラレン連で行った鳩の町の写真であります。
ただ、この路地はもっと広角のレンズで撮った方が良かったかなあと思うところで、次回リベンジの際はおなじDistagonでも12mmの方で行こうかなと。

共通データは下記の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CONTAX DISTAGON35/2.8*T(F2.8AE、JPEG圧縮)

Distagon3528
このスペックだと案外安値で入手できるDistagon35/2.8*Tであります。
今は無きヤシカがコンタックスネームで京セラから出していたレンズですが、京セラがカメラ業界から撤退したおかげでこれももう生産中止になりました。
どこかで復刻しませんかねえ。良いレンズだと思うのですが。

Distagonと鳩の町
1枚目は鳩の町に向かう手前の路地にある公園で、お母さんと話す子供たちの様子を一枚。
丁度銀杏並木がきれいに色づいてますね。

Distagonと鳩の町
2枚目は名前が気になったエネルギースーパーたじまの看板を一枚。
Charley944さんの話では、ここのオーナーがエネルギッシュなスーパーを目指すと言う事で店名を考えた際に、エネルギッシュと言う言葉が出てこなかったのか、エネルギースーパーと名付けたのだとか。
最初、バッテリー関係のディスカウントストアかと思いました。

Distagonと鳩の町
3枚目は鳩の町の中ほどにあるアパートの階段前にいた猫を一枚。
人に慣れた猫の様でしたが、もうちょっと寄って撮ろうと近づいたところ、私の影が体にかかった途端に逃げ出してしまいました。
まあ、仕方ないですね。

Distagonと鳩の町
4枚目は鳩の町の中ほどにある廃墟を。
元々植木屋さんか造園業のお屋敷の様でしたが、今はどなたも住まわれてない様です。
こういうエリアが点在するのも鳩の町ならではでしょうか。

Distagonと鳩の町
最後は鳩の町商店街にある喫茶店こぐまの看板を。
丁度看板に書かれた小熊があたかも悪さをして怒られる子供の様で目を引きました。

今回初めて訪れた鳩の町でしたが、撮影ポイントは至る所にありました。
また行ってみたいですね。
ただ次回行くとしたら、広角オンリーで行く予定です。
28mmとか21mmくらいでしょうか。
35mmだとちょいと狭い感じですし。

スポンサーサイト

土曜日のDistagon35/2.8*Tが見たミチテラス2014

日本橋三越に目当ての店がなかったというか撤退していたことが分かったので、東京駅まで歩いて戻ってきた。
家内がTORAYACAFEに行くと言うので八重洲口から丸の内口に出ると、イルミネーションによるライトアップが行われていた。
かなりの大型イベントの筈だが、「一脚・三脚による撮影禁止!」と言う看板がそこかしこに貼られ、数mおきに配置された警備員がスピーカーで撮ったら立ち止まらずすぐにその場を離れるようスピーカーでアナウンスしていた。
まあ、この前100周年スイカで大騒ぎがあったわけだし、トラブルになってほしくないのだろう。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CONTAX DISTAGON35/2.8*T(F2.8AE,JPEG圧縮)

DISTAGON3528
夕暮れ時に入り、50/1.4にしようか迷ったのですが、引き続きDISTAGONで続行することに。
これで夜景を撮ったことがなかったので、さてどう映るのかなと。

Distagon3528と東京駅
1枚目はイルミネーションを。東京駅近くの丸善までの通りはこの時期LEDイルミネーションで飾り付けられます。
ただ、換算53mmだとうまくイルミネーションの華やかさを伝えることは難しいかなと思いました。
こういう時こそ困った時のXenonだったかもしれません。

Distagon3528と東京駅
2枚目は大丸1階通路沿いのライカショップの看板を。
色が色なので目を引きますね。
これでEVF内蔵型でシャッター速度が1/8000ならベターな路線になるのですけどねえ。

Distagon3528と東京駅
3枚目はミチテラス2014でライトアップされた東京駅丸の内側を一枚。
こうやって色とりどりのイルミネーションでライトアップされると普段と違う側面を見ることが出来そう。

Distagon3528と東京駅
4枚目は東京ステーションビル2階にあるTORAYACAFEの壁面を一枚。
往年の東京駅の壁面をそのまま利用しているのか、年季の入ったレンガ造りとなっている。
御殿場のとらや茶寮同様お茶もお菓子も美味しいので、隠れた名所かも知れないですね。

Distagon3528と東京駅
最後は東京ステーションビル側からミチテラス2014のライトアップを一枚。
3枚目よりも日が落ちたからかよりはっきりとイルミネーションの色が目立っていると思う。

東京駅周辺も夜はイルミネーションが年末までは華やかに彩られているので、昼間は日本橋観光、夜は丸の内周辺のライトアップを見に行くということも楽しめそうだ。
とは言えこの寒さだと防寒対策はちゃんとやっておきたいところではある。

土曜日のDistagon35/2.8*Tが見た日本橋界隈

本日はよわよわカメラウーマン日記でおなじみの林ナツミさんの写真展を見に日本橋高島屋に行った後、新宿に出て伊勢丹で買い物および昼食、その後新宿御苑を散策した後再び日本橋に戻りCOREDO日本橋やCOREDO室町をはしごし、最後に東京駅のイルミネーションを見て帰るという盛沢山なスケジュールでありました。
ノープランで歩くのは楽しいのですが、その後の写真整理でこんな時間であります。

さて、共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CONTAX DISTAGON 35/2.8*T(FR2.8AE,JPEG圧縮)

Distagon3528
APS換算で焦点距離が50mm近くになる便利なレンズであります。
開放値は2.8ですが、X-Pro1なら感度3200とか6400まで増感できますから問題ありませんね。
寧ろ普通に撮るとパンフォーカス気味になるので、ボケを生かそうとするなら被写体にガンガン寄って行かないといけません。

Distagonと日本橋
1枚目はCOREDO日本橋のB1Fから1Fに上がるエスカレーターより外を臨んだもの。
日が傾いてきてましたがまだ感度100でも十分なシャッター速度で行けました。

Distagonと日本橋
2枚目は歳末の日本橋を。外国の方がかなり往来する様になりましたね。
不思議なものですが、日本人が出歩かなくなった分外国人観光客の方が増えたのでしょうか。

Distagonと日本橋
3枚目は日本橋のたもとの獅子を。
麒麟の方は、新参者・麒麟の翼の影響で観光客が群がってましたがこちらは空いていたのでここまでよれました。
獅子の目にピントを合わせたのですが、あまり背景がぼけませんね。

Distagonと日本橋
4枚目は日本橋大通り沿いの和食屋の前でお母さんから鼻紙をもらう子供を一枚。
この辺りから、日の傾きが早くなり、感度100では辛くなってきました。

Distagonと日本橋
最後は日本橋三越の軒先で正月飾りを販売する様子を一枚。
こういうのも歳末ならではの光景ですね。

銀座から京橋を抜けて日本橋までの通りは歴史的な趣もさることながら、それを上手く生かしつつ新しく変化していく町の様相がある程度秩序立っているので私としては好きな通りです。
この通りを見た後で新宿を歩くと建物が無秩序すぎてどうにかならなかったかと思います。

またこの辺り歩きに来ようっと。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。