スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のGR28㎜が見た銀座の路地裏

さて、路地裏はまだまだ続きます。
歩いてみるとブラタモリに出てこなかった銀座の路地裏もまだある様で、ぐるぐると回るのも楽しそうです。
それでは続きを。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~10枚目:LeicaM9+RicohGR28mm/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

GR2828
狭い路地裏撮影には28mmや21mmを使いたくなるのですが、ここからはかなり感度を上げないとシャッター速度が1/15以上にならないという状況でした。
F2.8AEでも厳しいとなると、NoctonClassic35/1.4SCを装着するとかX-Pro1で撮影するとか考えないとだめそうですね。

GR2828と銀座の路地裏
1枚目はかつてスナック街であっただろう路地裏を一枚。
建物がダメになったのか今は一回部分がすべて壁で覆われ人を寄せ付けない状態です。
おそらくあと数年で取り壊しなんでしょうね。

GR2828と銀座の路地裏
2枚目は同じブロックにあるスナックの看板とエアコンの室外機を一枚。
戦後の建物だと思うのですが、昭和華やかなりし頃はここもにぎわっていたのでしょうね。

GR2828と銀座の路地裏
3枚目は昔人の行きかう道路だったところを一枚。
今はビルの谷間で時折従業員の方が歩くのみですが、地図で見ると道路として残ってました。
こういう道は銀座ならではかもしれません。

GR2828と銀座の路地裏
4枚目は豊岩稲荷神社の参道を稲荷神社前から一枚。
多分稲荷神社本体は右側のビルの屋上にあるのでしょうね。

GR2828と銀座の路地裏
5枚目は豊岩稲荷様を一枚。
ちゃんとお稲荷様にお断りをしてから撮りました。
このお稲荷様は縁結びの神様であり、火防の神様でもあるようです。
このお稲荷様のある路地はそのまま喫茶店の中をつっきる形で残されてますので、ブラタモリで撮影された時もタモリさんが何度も通ったのだとか。
気持ちは分かる気がしました。

GR2828と銀座の路地裏
6枚目は路地裏から表通りに出たところで一枚。
銀座松坂屋はいつの間にか無くなってました。
建て替え中みたいですね。こうしてまた一つ銀座の雰囲気が変わっていくのでしょう。

GR2828と銀座の路地裏
7枚目はまだまだある銀座の路地裏を一枚。
これは確か小ハゲ天の近くに出る路地だったかと。
ここも地図上では道路扱いです。
銀座ならではの光景なのでしょうね。

GR2828と銀座の路地裏
8枚目は路地裏から空を見上げての一枚。
こんな光景も路地裏ならではかなと。

GR2828と銀座の路地裏
最後は銀座の有名なバーであるルパンの看板を一枚。写真家木村伊兵衛さんも行かれた店だとか。
こんなところにあったのですね。

とりあえず時間のある限り数寄屋橋から西側をGR28㎜で撮りながら歩いてみました。
華やかな銀座のすぐ裏にこういう路地裏があるということは、ブラタモリやアド街ック天国で見るまで知りませんでしたので、実に楽しくまた面白かったです。
ただ、LeicaM9はCCD搭載機ですので、路地裏の雰囲気を伝えきれたかというと、特に日のほとんど差し込まない路地裏では厳しかったです。

次回歩くときはX-Pro1かX100sを随伴させたいですね。

さてこの後は銀座和光裏から入る路地裏をGR21㎜とビンテージ白黒で撮影した結果を上げてみます。
スポンサーサイト

水曜日のGR28㎜が見たインターナショナルアーケードや銀座の路地裏

本日は所要で銀座に行ったので、所用が終わった後で先日Photo_Artisanさんに教わったインターナショナルアーケードや、ブラタモリで出てきた銀座の路地裏を歩いてきました。

お供はLeicaM9とGR28㎜、そしてGR21㎜であります。

まずはGR28㎜での撮影結果から。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~10枚目:LeicaM9+RicohGR28/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

GR2828
又も登場のGR28㎜です。
21㎜の方はモノクロでないと厳しいようですが、28㎜は普通に使えるので、ここのところ広角が必要な時はこればかり使ってます。リコーもペンタックスに母屋を取られてどうにもこうにもに見えるのですが、こういうレンズをまた発売してほしいものですね。
折角フルサイズのデジタルレンジファインダーやミラーレスも出ている訳ですし。

GR2828と銀座の路地裏
1枚目は銀座三原小路の隣にある行き止まりの路地を一枚。
昔はここ通れた様な記憶があるのですが、開発が進んでいるのでしょうね。
奥に見える大京会は関西料理人組合の事務所みたいですね。
その内容に対して事務所が小さな気がしますが、ここにある、ということも一つのステータスなのでしょうか。

GR2828と銀座の路地裏
2枚目は三原小路入り口にある店の飾り花と照明を。
夜来ると趣があるのでしょうね。

GR2828と銀座の路地裏
3枚目は三原小路の奥にある小料理屋の提灯を一枚。
テレビの取材でもあるのか玄関前にテレビクルーがかなりたむろしてました。

GR2828と銀座の路地裏
4枚目は三原小路の終点でもある銀座コアの通路を一枚。
この位置から撮るとこんな感じで幻想的な情景を撮影出来ますね。
この辺りは夕方を過ぎても歩ける路地裏ですね。

GR2828と銀座の路地裏
5枚目はライカユーザーなら避けて通れないライカギャラリー東京の店先を一枚。
フランス人ぽい女性が歩いていたので、もうちょっと角度を変えれば海外のライカショップの様に撮れたかも。
折角なのでセンサーのメンテナンスをお願いしようかと思ったのですが、1時間かかるということだったので今回は断念しました。何せカメラはLeicaM9しか持ってきていなかったので。
ついでに色々M9の動作について聞いてみましたが、

・SDカードは必ずM9本体でフォーマットしてから使うこと。

・読み込みに時間がかかって赤ランプの点滅がいつまでも止まらなくなった時は、バッテリーかSDカードかどちらかのトラブルの可能性があるので、心配ならどっちも新品に変えた方が良いかもとのこと。

・M9のバッファメモリは少ないので、許容量限界が来た時も処理が滞りがちになるとのこと。

まあ、聞いているとM9に不満があるならM-P(Typ240)を購入した方が幸せになれる、という感じでした。
まだまだM9で頑張りますけど、いずれはM-P(Typ240)との二台体制で行きたいですねえ。

GR2828とインターナショナルアーケード
6枚目はPhoto_Artisanさんに教わったインターナショナルアーケードのある路地裏通路にあった壁画を一枚。
どうも昔はこういう壁画がこの通路にいくつもあったようですが、剥がれたり上に紙とか張られたりして今はここくらいしか残ってません。
このインターナショナルアーケードは1964年の東京オリンピックの頃に出来た免税店の集まりの様で、当時多分海外からの観光客を当て込んで作られたのでしょうね。正式には西銀座JRセンターと言うそうですが、今はJR関係の事務所くらいしか残ってません。
防犯体制はしっかりしている様ですが、表のコリドー街と比べるとかなり雰囲気違いますね。

GR2828とインターナショナルアーケード
7枚目はインターナショナルアーケードの裏口を一枚。
酒販の出入りもあったので、自販機とかも中にあるのかもしれませんね。
さすがに時間もなかったので中には入りませんでしたが、表から見る限り普通に買い物客もいる様でしたから一般向けの小売りもやっているのかも。

GR2828とインターナショナルアーケード
8枚目はインターナショナルアーケードの看板を一枚。
今は新橋への近道としてしか使われないこの通路ですが、1964年当時の東京オリンピックの時は観光客でにぎわったのでしょうかね。
この辺りはまた時間ある時に28㎜持って撮りに来たいと思います。

GR2828と銀座の路地裏
9枚目は路地裏で見かけた子供を一枚。
タオルを干していたお母さんの話では1歳になったばかりとのこと。
カメラを向けたら急にオートバイの陰に隠れてしまいましたが、ライカに興味があったのでひょいをこちらを向いたのでそこを撮影しました。
お母さんにお礼を言ってその場を去りましたが、この辺りの路地裏も店の入れ替わりや、耐震基準を満たさないとして閉鎖に追い込まれたりしているそうです。
こういう光景を見られるのも、あとわずかかもしれません。

テレビではよく見ていたものの始めて歩いた銀座の路地裏。
道はあれども既に道としての様をなしていない個所もかなりありました。
昭和30年代や40年代の古地図ではお稲荷さんのひしめく路地だったようですが、都市計画を考えずに乱立させた弊害なんでしょうね。

さて、この後はGR28㎜による銀座の路地裏をもういっちょお送りします。

火曜日のGR28mmが見た江の島サムエルコッキング苑

江ノ島の頂上に上がり、サムエルコッキング苑に行ってきました。
狙いはロンカフェ本店だったのですが、呼び出しが17時ごろになりそうということで、早々に断念。
丁度サムエルコッキング苑内部の地下施設が開放されていたので見てきました。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~20枚目:LeicaM9+RicohGR28/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

GR2828
LeicaM9との組み合わせではGR28mmは微妙に周辺減光が出るという話ではありますが、使う分には全く支障がありません。
まあ、噂は聞き流すくらいにして、ガンガン撮りに行った方が良いと言う事ですかね。
それにしても久しくAPS-Cのデジカメばかり使っていたからか28mmの距離感を忘れてますね。
早いところ思い出しませんと。

GR2828とサムエルコッキング苑
1枚目はサムエルコッキング苑地下施設の入り口付近から天井部分を一枚。
こういう遺構を残さないといけないのですから、藤沢市も大変ですね。

GR2828とサムエルコッキング苑
2枚目は地下施設通路部の奥より入り口方向を撮影したもの。
普段なかなか開放されないのでしょうけど、できればまた見に来たいですね。

GR2828とサムエルコッキング苑
3枚目は地下施設の貯炭場の入り口を地下通路より撮影したもの。
この奥の貯炭場の炭を使って、サムエルコッキングさんはこの江の島の山頂に温室庭園を作っていたそうです。

GR2828とサムエルコッキング苑
4枚目は地下施設出口より入り口方向を一枚。
それほど急な階段でもありませんし、訪れた際はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

GR2828とサムエルコッキング苑
5枚目は江の島シーキャンドルを一枚。
こちらも上るまでに40分待ちと言う状況でした。
凄い人出ですね。

GR2828とサムエルコッキング苑
6枚目はシーキャンドル脇の広場で行われていたアートフェスティバルの一コマ。
ネイルアートかフェイスペイントをやっていたようですね。

GR2828とサムエルコッキング苑
7枚目は同じくアートフェスティバルから、即興お絵かきを行う画家を一枚。
こういう状況で絵を描くのって大変だと思うのですが、それを商売にできるってのも更にすごいと思います。

GR2828とサムエルコッキング苑
8枚目は植物園の通り沿いで携帯カメラで花を撮る観光客を一枚。
もう携帯カメラやスマホンカメラがコンデジにとって代わりましたね。
コンデジは余程特色ある機能をつけないと多分市場は縮小する一方なんじゃないでしょうか。

GR2828とサムエルコッキング苑
9枚目はロンカフェ手前の柵を乗り越えようとする子供を一枚。
瞬時のピント合わせもRFなら慣れたものです。

GR2828とサムエルコッキング苑
10枚目は撮った内容が面白かったので掲載しました。
奥の子供を撮影する父親、中央にセルフシャッターを作動させて急いで走る女性、手前にそんなことを知らずくつろぐカップル。三者三様の休日であります。

GR2828とサムエルコッキング苑
11枚目は炎天下日傘をさして歩く女性を一枚。
今日は真夏日だったので日傘をさす女性がかなり多かったです。
人ごみの中では流石にさせなかったようですが。

GR2828とサムエルコッキング苑
12枚目は15時を回り少し風が出てきたので、上着を子供に巻きつける母親を一枚。
ちょっと距離はありましたが、何とか収まりました。

GR2828とサムエルコッキング苑
13枚目はサムエルコッキング苑の外で娘と戯れるお父さんを一枚。
お父さんに振り回されて楽しそうな娘の笑い声が聞こえました。

GR2828とサムエルコッキング苑
14枚目はサムエルコッキング苑内の日時計を見る少女を一枚。
日の通り道をなぞってました。

GR2828とサムエルコッキング苑
15枚目は江の島を降りながらヨットハーバー越しに藤沢市方向を一枚。
晴天に恵まれたので遠くまでよく映りました。

GR2828とサムエルコッキング苑
16枚目は親の買い物を待つ子供たちを一枚。
人の往来が激しい参道沿いにこういう子供がいるのって危ないと思うのですが、子供たちは一向に気にする様子はありませんでした。
たくましいですね。

GR2828とサムエルコッキング苑
17枚目は参道沿いでアイスや団子を売る女性を一枚。
声を張り上げて売ってましたので、お客さんも立ち寄ってました。

GR2828とサムエルコッキング苑
18枚目はとびっちょ本店前でラムネやチューハイを売る店員さんを一枚。
こちらも声を張り上げてまして、先ほどの店との対比が面白かったです。
生しらすと釜揚げしらすのWしらすパックを売ってましたね。

GR2828とサムエルコッキング苑
最後は人の絶えない江の島クルージングモーターボートの船着き場を一枚。
いつもの土日だとこんなに人手もなく閑散としてますが、観光シーズンは違うようですね。

年末以来の江ノ島でしたが、まあすごい人ごみでした。
それでも28mm一本で結構撮れたので、たまにはレンズ交換せずに撮るのも良いかもしれません。

さて、連休も明日でおしまい。
週末はどこへ行きましょうか。

火曜日のGR28mmが見た江の島

本日は午後から晴れてきたので家内と江の島に行ってきました。
いつもの土曜日くらいの人手を考えていたのですが、それ以上に参道は激混みでありました。
GWをなめちゃいけませんね。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~11枚目:LeicaM9+RicohGR28/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

GR2828
そう言えば写真を沖縄で撮りはじめた頃はGR1vとRR30だけで頑張っていたよなあと言う事を思い出したので、今日は28mm一本で行くことにしました。
レンズがコンパクトなので取り回しやすくガンガン撮ってきましたが、これで慣れてしまうとX-Pro1を持ち出すよりもLeicaM9を積極的に持ち出しそうでちょいと悩みどころです。
レンズによってはX-Pro1でないと対応できないものもありますし、AFが必要な局面ではX-Pro1かEOS7Dを持ち出さないといけませんので。

GR2828と江の島
1枚目は小田急片瀬江ノ島駅前の橋で一枚。
午前中の曇天が嘘の様な青空でした。
陽が出ると同時に真夏日の様な暑さになりました。

GR2828と江の島
2枚目は境川を藤沢方向に一枚。
係留された船が初夏の空に映えました。

GR2828と江の島
3枚目は最近話題のWATATSUMIの店先を一枚。
ここ最近江の島島内の食事処は軒並み味が悪くなった感じなのですが、ここはどうなんでしょうか。
今度行ってみましょう。

GR2828と江の島
4枚目は東側の海岸沿いの歩道から江の島を一枚。
もう夏が始まってますね。
海の家が出来れば完璧に夏の風景になります。

GR2828と江の島
5枚目は江の島の参道入り口を一枚。
かなりの人手です。
エスカー入口に行くまでが遠かったですね。

GR2828と江の島
6枚目はエスカー入口手前を一枚。
圧倒的な人手にびっくりです。

GR2828と江の島
7枚目は弁財天のおみくじを結びつける家族を一枚。
ここもおみくじが至る所に結び付けられてました。

GR2828と江の島
8枚目は弁財天のある高台からヨットハーバーを臨んだもの。
快晴に恵まれたので、見晴らしが良かったですね。

GR2828と江の島
9枚目は江の島エスカー3号を一枚。
ただのエスカレーターなんですけど、エスカーって名称にするとちょっと特別になりますね。
下の方で親子連れが楽しそうにしていました。

GR2828と江の島
最後はエスカーで上がってきた江の島サムエルコッキング苑前の広場に休日には必ずいる大道芸のお兄さんと、お兄さんに協力してボウリングピンを持っていた子供、そして記念写真を撮っていた親御さんを一枚。
こういうシーンはやはり28mmが強いですね。

久々に28mm一本と決めての散策でしたが、なかなか良い発見もありました。
そういえば江の島にはクラゲ煎餅なんてのも売ってました。
行列で来てましたので、人気なんでしょうね。

この後はサムエルコッキング苑内部の様子を掲示します。

日曜日のGR28mmが見た御殿場とらや工房と東山旧岸邸

日曜日は思い立って御殿場のとらや工房と東山旧岸邸、そして御殿場アウトレットモールに行ってきました。
お供はLeicaM9と28・50・85のレンズ3本であります。

さて初めは28mmから。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~7枚目:LeicaM9+RicohGR28mm/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

GR2828
今回はLEICA製の古いマウントアダプターで装着してみました。
コシナ・フォクトレンダー製のLマウントアダプター装着時と比べるとどうも動作がもっさりしていた気がします。
マウントアダプターのせいなのか、それとも相性の問題かはわかりませんが、とりあえずSDカードへの書き込みに伴うループは今回は発生しませんでしたけど、PCにSDカードのデータを読み込む際に「動作に支障があります」と言うメッセージが出ました。同じカードをX-Pro1で使うと特段問題は発生しないのでM9はSDカードとの相性もあるのかもしれませんね。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
1枚目は東山とらや工房の前にあるため池を一枚。
とらや工房でくつろぐ時にこのため池が良いアクセントになります。
うぐいすの声も聞こえてきました。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
2枚目は東山とらや工房の菓子工房を臨んだ一枚。
この建物、木造で雰囲気良いので好きですね。
何度訪れてもその度に新しい発見があります。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
3枚目は東山とらや工房前にある富士山の伏流水を湧き出す水路を一枚。
水温はかなり冷たかったです。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
4枚目は東山旧岸邸の庭先から、岸元総理が愛用したソファーと良くくつろいでいた居間を一枚。
海外からの賓客もこの屋敷でもてなしていたそうです。
さすが大政治家の家ってのは作りが違いますね。
建築家吉田五十八氏の作だそうです。
総理公邸でもてなすのもありですが、やはりこういう私邸でもてなす方がインパクトありそうな気がします。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
5枚目は伊藤博文元総理が岸信介に送ったとされる灯篭を一枚。
苔むしていて説明がなければわからないところでした。
歳月を物語りますね。

GR2828ととらや工房と東山旧岸邸
最後は岸元総理愛用のソファーから眺める岸邸庭園風景を一枚。
カッコーやウグイスの声が静かな庭園に響き渡ります。
後は風の音だけ。
こういうところでのんびり過ごせたら良いなあと思うのですよ。

東山旧岸邸周辺は色々な名所旧跡がありそうなので、今後開拓していこうと思いました。
また東山とらや工房に筍おこわとか食べに行くと思うので、その際に歩いてこようっと。

この後は残りの50mmと85mmの撮影結果を出したいところですが、明日も早出なので今日はこの辺で。

さて、明日はどこに行くのやら。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。