スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日のNoctonClassic35㎜が見た佃島念仏踊り

さて、念仏踊りのメインHeliarClassic75㎜で撮影したのですが、NoctonClassic35㎜も持って行ってました。
そちらでも何枚か撮影したのでその結果を。

1枚目:iPhone5
2枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER NoctonClassic35/1.4SC(Full-OpenedAE)

NoctonClassic3514SC
M9で夜景撮影となると、開放1.4級も欲しかったので今回持ち出しました。
シネレンズも良いのですが、やはりフォクトレンダーも良いレンズだなと思うのです。

NoctonClassic3514SCと佃島念仏踊り
1枚目はいつもの佃島船溜まりの様子を逆側から一枚。
こういうビルの谷間にこの入江はあるのですね。
そう言えばこの船、最近係留されたのでしょうか。

NoctonClassic3514SCと佃島念仏踊り
2枚目は先ほどHeliarClassic75㎜でも撮影した無縁仏の祭壇の様子を一枚。
拝むという行為が子供たちにも浸透していました。

NoctonClassic3514SCと佃島念仏踊り
3枚目は念仏踊りの行われている全景を一枚。
こういうビルの合間で江戸時代から続く念仏踊りが今も実施されているというのは、多分奇跡的なことなのだと思います。
願わくば2020年の東京オリンピックでもこの踊りやこの地区独特の文化が無くならない様に願うばかりです。
どうせ、2020年を過ぎれば建設業界も不況になるらしいですし、ここらで無駄な開発なんてやめれば良いのですよ。
やったって地価が高すぎて売れやしないんですから。

NoctonClassic3514SCと佃島念仏踊り
4枚目は先ほどHeliarClassic75㎜でも撮った広場中央の櫓の様子を一枚。
テープで流れる念仏踊りの歌に合わせて、太鼓囃子が叩かれます。
盆踊りの様ににぎやかなものではなく、正しく亡くなった方の冥福を祈る念仏の歌が流れるのです。

NoctonClassic3514SCと佃島念仏踊り
最後は提灯側に露出を合わせての一枚。
実際の祭りの雰囲気はこれくらい暗い中で、街灯を頼りの踊りでした。
無論提灯の灯もついてましたが、こういう印章だったのですね。

さて、この後は押えで持っていったX100sによる念仏踊りの様子を。
スポンサーサイト

木曜日のNOCTONClassic35㎜が見た銀座

データを棚卸していたら、銀座の夜景を撮ったデータが出てきたので掲載することに。

今日はクリスマスイブなんですねえ。

うちにもLeicaM-PTyp240をもったサンタさんが来てほしいものです。

1枚目:iphone5
2~6枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER NOCTON Classic S.C.35/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)
Nocton3514SC
最低感度が64からスタートとか、シャッター速度上限が1/8000くらいないと、1.4級のレンズを日中使うのは厳しいと言わざるを得ません。
こういう夜景を撮る時にこのレンズは活躍するのだろうなと思った次第。
最低感度が200から始まる様なカメラなら、レンズの開放値は日中なら2.0~3.5くらいがベターでしょうね。

NOCTON35mmと銀座
1枚目は銀座の外れと京橋の境目のビルのクリスマスの飾り付けを一枚。
こういうイルミネーションのデコレーションは東京が一番きれいで映えますね。

NOCTON35mmと銀座
2枚目は銀座一丁目付近のクリスマスツリーデコレーションを寄った状態で一枚。
時間は21時くらいでしたけど、手持ちでも行けるものですね。

NOCTON35mmと銀座
3枚目は有楽町駅に向かうカップルを一枚。
何となく静かな路地を歩くのが気になりました。

NOCTON35mmと銀座
4枚目はマリオンの有楽町ガード下側にあるカフェの塀に絡んだ木の弦を一枚。
最短距離まで寄った状態で撮影出来るかなとやってみたら案外行けましたよ。
これくらいの灯りがあると1.4級で行けますね。

NOCTON35mmと銀座
最後は有楽町マリオンの前のクリスマスイルミネーションを一枚。
こういうのを見ると華やかで東京は良いなあと思うのですよ。
地方都市に行くとこういう飾り付けはなかなか見られませんし、あっても派手すぎてねえ。

さて、今年の更新はあと1回くらいで多分おしまいでありますよ。
最後はX-Pro1とどのレンズの組み合わせで撮りましょうかねえ?

水曜日のNOCTONClassic35㎜が見た佃島

この時期は16時を過ぎると一気に日が落ちて光量も下がるので、1.4級レンズに換装してもうちょっと歩きます。

1枚目:iphone5
2~6枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER NOCTON Classic S.C.35/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

Nocton3514SC
夜景をM9で撮るとなると、ISO感度の上限が2500なので1.4級とか1.2級、1.1級レンズを用意しないと結構撮影が厳しくなる。
無論三脚を使えば撮れないことはないが、RFを使ってて三脚を使うというのは何か違う気がするのでありますよ。
そんなわけで、このレンズも夕暮れ時の撮影には重宝します。
いずれはキヤノンLマウントの50/1.2も使ってみたいですね。

NOCTON3514と佃島
1枚目はテラスの灯に露出を合わせて佃島の中華喫茶ごしに中央大橋を。
案外夜景もいけるやん、と思いました。

NOCTON3514と佃島
2枚目は手持ちで中央大橋を一枚。
もう日も暮れて手持ちもきつくなるのですが、それなりに撮れて良い感じに。

NOCTON3514と佃島
3枚目は佃島の中華喫茶前の広場で遊ぶ子供たちを一枚。
動きが早いので残像だけになるかと思いましたが、頑張ってくれましたよ。
流石1.4級レンズ。

NOCTON3514と佃島
4枚目は同じシーンを横構図で。
ちょいと動くともう被写体ぶれが出ますけど、これはこれで良いかなと。
CMOS搭載機だともっときれいに撮れそうな気もしますが、CCD搭載機ではこれが精一杯です。

NOCTON3514と佃島
最後は有楽町線月島駅に向かう途中月島の路地を一枚。
蛍光灯の灯の感じがどこか異空間というか異世界の様な雰囲気を醸し出します。

いや、案外頑張れば夜景も行けるなと思った今回の撮影でした。

さてこの後はどこに行きましょうか。

月曜日のNoctonClassic35mmが見た平塚駅前

本日は平塚駅前を散策した時の写真を。
平塚駅前も歩いてみると、良い店がふと現れたりします。

今回訪れた店も半年前に出来たのだそうで、自家製ジェラートやケーキ、ラテがお勧めです。
店内のインテリアも中々良いものでした。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER NoctonClassicSC35/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

NOCTON3514
土曜日に茅ヶ崎海岸に持っていったのですが使い道がなかったので、今回ここで使ってみました。
まあ、開放1.4は結構使いどころに悩みますね。

NOCTON3514と平塚駅前
1枚目は駅前の空き地を一枚。
平塚駅前1分のところなのですがねえ、使い道がなさそうで。
家でも建てれば売れるのではないでしょうか。

NOCTON3514と平塚駅前
2枚目は今回訪れた喫茶店HY CLOWの照明が良い形だったので一枚撮りました。
テーブルも含めてセンスが良いなと思います。

NOCTON3514と平塚駅前
3枚目はちょっと趣のあるつりさげ式ランプを一枚。
こういうのも探してみると中々見つからないのですよね。
かと言って見つけても家に置くにはどうもトータルコーディネートが合わなかったりします。

NOCTON3514と平塚駅前
4枚目は窓越しに前を通り過ぎる人を一枚。
ゆったりした店内の時間と対照的に外界の加速する時間が流れてます。

NOCTON3514と平塚駅前
最後は喫茶店HY CLOWの前の通りを一枚。
店自体は洒落ているのに、店の前の通りは如何にも地方の裏通りっぽい雰囲気です。
このギャップが中々はまりますね。

ここのジェラートは美味しかったのでまた来ようと思いました。

さて週末は何を撮りに行きましょうか。

火曜日のNOCTON Classic35/1.4SCが見た恵比寿と百軒店商店街という名の魔境

代官山を後にしてクラレン連一行が向かったのは恵比寿。
ここで一旦休憩して、そこから渋谷駅近くの百軒店商店街を撮る、という手筈でした。

が、実際に行ってみたら、そこは現役の「旧玉ノ井町」であり「鳩の街」でありました。
まさに羊頭狗肉な状況に一同茫然。
メンバーのうちOKMRさんとKinoplasmatさんは早々に「ここ酔っ払いが多いからね」とカメラをバックに閉まっていました。
そりゃそうだよなあ、ここどう考えても危ない人が大勢居るもの。

それっぽい施設の前で客引きをする男性や、スマホで客とやり取りしながら一人でブティックホテルに入っていくプロっぽい女性、それっぽい施設に出勤するプロの女性ということで、今どきの風俗街を安全な距離から撮ってみました。
まあ、世界が違いますわな。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER Nocton Classic S.C.35mm/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

NCSC3514
35㎜F1.4と言うスペックは、ズミルクスと同じだったりするのですが、ライカレンズは高値で手に入りません。
そう考えるとこういうスペックのレンズを手ごろな値段で発売してくれるコシナには足を向けて寝られませんね。
LeicaM9やR-D1xGで夜景撮影をする時には必須のレンズです。

NCSC3514と百軒店商店街
1枚目は夕暮れ時の恵比寿駅前を一枚。
休憩を終えて喫茶店から出てきたところでの撮影です。
光量が下がってきているので、車のバックライトも鮮やかに光ってます。

NCSC3514と百軒店商店街
2枚目は百軒店商店街の中心に位置する千代田稲荷神社です。
縁起についてはこちらをご覧ください。大正時代に宮益坂からこちらに移されたそうですが、まさか稲荷さんも周囲が風俗街で固められるとは思わなかったでしょうね。

NCSC3514と恵比寿
3枚目は稲荷神社を後にして百軒店商店街の出口へ向かう途中振り返って一枚撮ったもの。
「1-A」と書かれた建物は所謂「それ系」の施設であります。
街の作りが迷宮に似た構造になっていることからすると、旧玉ノ井町が現役だった頃の雰囲気が知りたければ夕暮れ時の百軒店商店街に来るのが良いかもしれません。身の安全は保障しませんが。

NCSC3514と百軒店商店街
4枚目はこの界隈で有名な台湾料理店「麗郷」の建物を撮影したもの。
この辺りの雰囲気は映画ブレードランナーや攻殻機動隊を彷彿とさせるサイバーチックな情景でした。
origaさんの「 Inner Universe」が似合いそうです。

NCSC3514と百軒店商店街
最後はもうちょっと踏み込んで渋谷の裏通りのサイバーな雰囲気を一枚。
これで看板に書かれた日本語が意味不明だったり、直訳っぽかったりするとよりSF映画の様な雰囲気を味わえそうです。
通りを歩く人は日本人よりも外国人の方が多かったですし、このまま行くとそのうち日本人はオクシブとかウラシブの方に流れて駅前は空白地帯になるかもしれませんね。

さて、土曜日のクラレン連「中目黒~代官山~恵比寿~百軒店商店街撮影ツアー」ですが、なかなか楽しい撮影結果でした。最後の百軒店商店街だけ外した感じですが、これも時代の流れと思えば致し方ないでしょう。
渋谷も駅前よりむしろ恵比寿や代官山、オクシブ、ウラシブの方が栄えてきている様ですし、渋谷駅前は雑然としすぎていて今後何らかの整理がいるのかもしれません。

次はX100s+TCL-X100で同時撮影した結果を掲載しましょう。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。