スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のヤシコン50/1.4が見た学芸大前駅近くの情景

本日はヨッピーさんがご自身のスタジオを使ってオールドレンズの写真展をやってましたので、見に行ってきました。
Charley944さんは昨夕行かれたご様子。
ヨッピーさんはOLYMPUS E-P3とSONYα7Rにオールドレンズを装着してモデル撮影をしてますが、中々雰囲気良かったですよ。
明日まで開催してますので、ぜひよく手入れされたシネレンズやCマウントレンズのポートレート撮影結果に興味のある方は行ってみてください。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:CanonEOS6D+YASHICA CONTAX PLANAR50/1.4*T(Full-OpenedAE)

Planar5014YCEOS6D
今回は珍しくデジタル一眼+クラシックレンズと言う組み合わせで。
ヨッピーさんご使用のカメラがα7Rなので、こちらもフルサイズ持って行こうかと思ったのですよ。
が、自宅に置いてあったのはこれなんで、今回はこれで。
Y/Cレンズと組み合わせると、ライブビュー撮影でなくてもある程度の距離ならファインダーで行けちゃいます。
M42マウントだと難しいのですけどね。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
1枚目は学芸大前で降りた際にうっかりヨッピーさんのスタジオと逆方向に出てしまったので、ついでに撮って見た一枚。
これくらいの距離だと普通に撮れちゃいますね。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
2枚目は1枚目の写真中央奥にあるプランターをライブビューで。
これくらいの距離だとライブビュー撮影の方が安心です。
ファインダー撮影だと微妙にずれちゃいますね。
OVF上はピントが合っている様に見えますが微妙に後ピンになります。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
3枚目は1枚目の通路の奥にあった鉄製の扉と使い古したモップを一枚。
学芸大前が賑わっているからでしょうか。
こういうものも絵になるなと思いました。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
4枚目はヨッピーさんのスタジオ近くのレストラン脇にあった自転車を一枚。
ちょっと不安だったのでライブビューで撮影しました。
思ったより暗くなったかなという感じで。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
最後は学芸大駅前の通りを。
無限遠で撮って見たら思ったより前ボケが出ました。
ファインダーで撮るときはちょっと絞った方が安心かもしれません。

今回ヨッピーさんの写真展を見に行って、展示の仕方とかプリントの出し方、奉賀帳の置き方とか参考になりました。
こういう風に見せると見やすいなと思った次第です。

それにしても、Cマウントレンズ+E-P3で撮ったモデルさんがきれいに映っているので、マネージャーの方にお話を聞いてみたらライティングにもこだわっているのだとか。
なるほど、そういう部分でもプロは違うのだなと思いました。

さて、来週はどこに行きましょうかねえ。
スポンサーサイト

土曜日のPlanar50/1.4が見た玉ノ井界隈

逆に追っていく感じですが、本日のクラレン連撮影会は浅草橋から両国そして鳩の町から玉ノ井とかなりの範囲を歩いてきました。
で、Charley944さんが玉ノ井に新発見があったというので忘年会前の最後のスパートで行ってきましたですよ。
共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Planar50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

Planarと東京駅
いやいや、今回初めてPlanarを使ってみたのですが、開放1.4って夕暮れ時の撮影でとんでもない威力を発揮しますね。
ちなみに撮影時間は5時少し過ぎでもうかなり日も落ちてました。

玉ノ井とPlanar
1枚目は新発見の長屋の奥の文化住宅を一枚。
一見すると15時とか16時くらいの日差しだと思うでしょ?
ところがどっこいそうではありません。これEVF画面では画面右隅の自転車の後輪カバーの反射光しか見えてませんでした。肉眼でも同様です。デジカメってすごいですね。

玉ノ井とPlanar
2枚目は新発見の長屋近くの路地を。
開放1.4、感度3200で撮影すると何だかロケのセットみたいな感じですね。
実際はもっと暗かったです。

玉ノ井とPlanar
3枚目は新発見の長屋をアップで一枚。
多分戦後に建てられたものだと思うのですが、このドア昔は階段がついていたのでしょうか。
二階にあるのですよ、ドアは。
照明はつかずテレビの光だけは漏れてくる、そんな状況でしたがどんな方が住んでいるのでしょうね。

玉ノ井とPlanar
4枚目は撮影時間を感じさせる写真ではないかと思う一枚。
こんなところからでもライトアップしたスカイツリーを眺めることが出来ます。
そのうち2020年のオリンピックに向けて地上げとかありそうで嫌ですね。
こういう風景って残ってほしいところですが。

玉ノ井とPlanar
最後は東向島駅に向かう途中の路地にある古い住宅のガラス窓が良い感じに街灯の光を反射していたので撮影したものです。名残惜しくもありますがこの後の忘年会も楽しみなのでこれにて玉ノ井撮影は終了としました。

玉ノ井ではXenon28mmとこのPlanarを使ってみましたが、使い勝手はXenonの方が広角と言う事もあって良かったです。
しかしこれくらい光が少なくなると1.4級の出番になりますね。
なお、東向島についたところでPetri55/1.4との比較撮影をやり忘れたことに気付いたので今度Petri55/1.4でも夜景を撮らないといけませんね。

土曜日のPlanar50/1.4が見た東京駅界隈

本日は昼からクラレン連の撮影会兼忘年会に参加してきました。
参加メンバーは一癖も二癖もあるレンズを持ってくるだろうと読みまして、今回色々持って行ったのですがまずは撮って出しのヤシコンプラナー絞り開放を上げてみます。
本日は撮影会もなかなか楽しくまた都内にあるにもかかわらず迷宮物件の様なエリアをご紹介いただきました。
Charley944さん、SKさんありがとうございました。
そんなわけで共通データは以下の通りです。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Planar50/1.4*T(F1.4AE,JPEG圧縮)

Planarと東京駅
本日は四本クラシックレンズを持って行ったのですが、そのうちの一本。
ヤシカがコンタックスネームで作っていたPlanar50/1.4*Tであります。
流石現代レンズ、すっきり映りますね。

Planarと東京駅
1枚目は本日の忘年会会場のある京橋のビルディングのライトアップを一枚。
撮る直前で風にあおられかけましたが何とかぶれずに撮れました。
都会は良いですね、こういう照明がそこかしこににぎやかで。

Planarと東京駅
2枚目は東京駅近くのビルのLEDライトアップをアップで捉えてみました。
いや1.4開放だとこういうのも楽に撮れますね。

Planarと東京駅
3枚目は路地裏から反射するビルのライトを捉えたものです。
最初ホワイトバランスを間違えてえっらいオレンジ系統の写真になってしまいましたが、AWBに直したらすっきり明るい青が出ました。LED照明に関してはAWBで撮った方が安全なようですね。

Planarと東京駅
4枚目は2枚目と同じエリアにあったLEDライトアップです。
ちょいと離れて撮ると中望遠75mm換算のレンズでもこんな感じで撮れます。
華やかで良いですね。

Planarと東京駅
最後は東京駅に向かう途中のBMWJAPAN本社ショールーム前のイルミネーションを。
白いLEDってすっきり映るのできれいですね。
こういうエリアなら色つきよりも白色の方が良さそうです。

今日は私はX-Pro1一台で攻めてみましたが、8GBSDカード3枚分くらいはこの冬の寒さでもX-Pro1のバッテリーは持ちますね。ありがたいことです。
なお、Charley944さんはX-E1も持って行ったにも関わらず今日はM8だけを使っていらっしゃいました。
余程今日のレンズが相性良かったのではないでしょうか。
SKさんはX-E1に広角系のレンズを3本使っていたようです。
たまに撮影しながら散策すると良い運動になるなと、ただ今筋肉痛真っ盛りの両足をマッサージしています。
今日は湿布貼って寝るか(笑)
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。