スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のNEXの終焉?

浦和まつり

浦和まつり

浦和まつり

浦和まつり

浦和まつり

1~5枚目:SONYNEX-7+MINORTAPF58/1.4(絞り開放、JPEG圧縮のみ)

SONYからこんなアナウンスが出た。
旧来のNEX-3について、次期モデルチェンジからはα5000の名称で販売するらしい。
α7シリーズが出た時に何となく予想はしていたが、SONYはデジタル一眼レフ並びにミラーレスカメラのシリーズ名称をαで統一するのだろうと思う。
NEXという名称は、確かにPEPSIでも同じ名前の飲料が出ているし、成田エクスプレスもN'EXだ。
紛らわしいと言えばそれまでだけれども、NEX-3/5/7と使ってきた私としては何となく寂しいものがある。
売れなければ商品に価値はないわけだから、SONYの思想転換も分かるのだけれど、αシリーズ自体は元々MINOLTAのものであり、SONYと言えばCyber-Shotがデジカメの代名詞であった。
そこにSONY独自のアイデアであろう写真と映像の飛躍的な融合を奏でるミラーレス1眼としてNEXシリーズが出た時には、これからSONYはこのNEXシリーズで新たなカメラ文化を創造するのだろう、と思った。

とは言え、海外市場を睨んだ時には、「NEX?何それ?」「何だ、このコンデジ紛いは?」となった事は想像に難くない。
その辺りを踏まえて今回αシリーズの一系統ですよと仕切りなおすことで、デジタル一眼レフの系譜の一つとして商品イメージを持ってもらおうという狙いもある様に見える。
北米・欧米市場も含め、「高級カメラ=一眼レフ」と言うスタイルはCanon、Nikonの商品構成と相まってかっちりと確立されているし、そこに新たな概念を持ち込み風穴を開けるには、NEXの名称はパワー不足だったのかもしれない。

それ以上に欧米人は日本人を含むアジア人より体格もがっちりしていて、1XとかD4あたりを平然と担げる体力もあるそうだから、NEXの様な小型万能カメラは小さくて手に合わなかったのかもしれないけれども。
自分なぞミラーレスカメラを主軸にしてからは機材が軽いので一日撮影で歩いても背中や腰の負担が無くなった。
久々にオールドジャパンレンズを3本持ち出したらそのガラスの重さに閉口する始末だ。

ああ、だからアメリカ車はどこまで行ってもあんな車なんだなあと、余計なことまで考えてしまった。
パワーがあるとああいうでかいものを担いでも平気なんだなあと。

本日の写真は、昨年夏に撮影した浦和まつりからのストックカット。
PF58/1.4のピントが合った時にきりっとした空気感みたいなものが見えるだろうか。
そう言えば、どこかのメーカーのレンズ技術者のコメントが掲示されていた。
「AFにしなくて良ければ、今でも手ごろで高性能のレンズは作れるし、F1.1のレンズだって行ける」と。
AE化、AF化によって撮影そのものはかなり手軽になったが、実はその裏で本来落としてはならない何かが落ちたような気もしてならない。故にオールドジャパンレンズの再評価にもつながるのだけれども。
スポンサーサイト

月曜日の出るのか?X-T1。

NikkorPC85/2.0

NikkorPC85/2.0

NikkorPC85/2.0

NikkorPC85/2.0

NikkorPC85/2.0

1~5枚目:LeicaM9+NikkorPC85mm/2.0(絞り開放、JPEG圧縮のみ)

今朝の日経を見て衝撃を覚えた富士フィルムと言うかXシリーズファンは多いのではなかろうか。
1月28日発表と言うことで、XFマウントと思われるデジタル一眼レフっぽいカメラの写真が日経に掲載され、その日の午後からデジカメ関係のWebサイトに新製品体験会などの記事がアップされた。
Xマウントの最先端を突っ走る小原玲氏のブログでも記事が出ていた。

漏れ出ている情報からすれば、シャッター速度は1/4000、Xマウントで防塵防滴ということらしい。
おそらくは海外向けに一眼レフスタイルのミラーレス機を要望されたということだろう。
RF使いにはそれなりにヒットしたX-Pro1だが、R-D1系列と同じく「理解している人しか満足できない」カメラでもあり、値崩れも結構激しいところは激しいから、α7みたいなスタイルの商品を営業的には欲したということかもしれないですね。
何となく、OM-D E-M1を想起しましたけどね、私は。
あと古い話ですが、フジカのST701とかST605を思い出しました。
うーん、どうせならフジカユーザー向けに旧XFマウント-Xマウントアダプターとか出しませんかね、富士フィルム。
オリンパスだって、最初にフォーサーズを出したときはOMレンズアダプターをばら撒いてユーザーの掘り起こしをやったわけですし、罰当たらないと思うのですけどねえ。
ほら、EBCフジノンレンズのXマウントで、56/1.2とか出ていたじゃないですか、と書いておこうっと。

正式タイトルはX-T1になる見通しらしいですが、さて、どれほどの技術革新をその身に積んでいるのでしょうね。
2月のCP+でお披露目になるでしょうから、それまで楽しみに待ちましょう。

話変わるけど、LeicaM9にNikkor85/2.0を装着したら、結構クリアに遠景の人も映ってびっくり。
実際にダンカンさんが使ったのは135mmの方らしいけど、85mmを見て驚いたのは何となくわかる。
そこそこ離れた距離でも、人の動きがきれいに見えるものね。
やはりこの時代のNikkorをMマウント加工すると幸せになれる気がしている今日この頃であります。

日曜日の何でもかんでも一つの機種に求めてはパンクするだろうねえ。

ビデオカメラ

1枚目:iphone5

ここのところXFマウントとMマウントに集約するかどうかで悩み中。
一眼レフと言うか7Dのメリットは、比類なきAF性能と遠距離対応の望遠というところに集約されるのだけど、最近の私の撮り方ではあまりそういう場面が無くなってきている。
やるとしても子供の運動会とかで使うかどうか。

そうなるとビデオカメラが良いかということにもなる。

今検討中だけど、すぐに必要なわけではないということで悩ましい。

何でもかんでも一つの機種で賄おうとすると、結局何一つできないことにもなりかねないので、自分の持っているカメラが何に向いているものかとか知っておいて損はないと思う。
あとは何を撮るかも考えておいた方が良いと思う。

土曜日のiphone5が見た神田

本日はコートを仕立てに神田へ。

神田

神田


生地は迷ったものの、20年の耐久性と言う言葉に惹かれハリスツイードのチャコールグレーにした。
3月1日には出来上がるそうな。

神田

神田

とは言え、この記事を選定するまでに結構迷った。
ハリスツイードと言えば、

神田

こういう柄もあるが、有名なのは

神田

こっちの柄なんで、どうせ使うならこっちにするかとか考える。
とは言えこっちの柄だとカジュアル優先ぽい感じかなとも思い、最終的には

神田

こっちにした次第。
良い買い物だったと思う。丁度新年セールで58000円で買えたし。
昨年購入したX-Pro1とどっこいの価格。
しかもX-Pro1は頑張っても多分10年が良いところだと思うけど、こちらは20年は保つらしい。
なんかねえ、一着くらいそういうコートは持ってないとなあと最近とみに思うのですよ。
本店とか上役の人がやっすい仕立てのスーツを着ているのを見ると特に。

人から見られた時の格好ってのも四十を超えたら気にしないといけないなと思う今日この頃であります。
仕立ての注文が終わった後は日本橋三越別館地下のサンフルーツへ。
ここも最近のお気に入りです。
味が上品な割に安いので。
大宮のエキナカにもショップを期間限定で出してたけど、常設してくれないかなあ。

神田

1~8枚目:iphone5(ProgramAE,JPEG圧縮)

季節限定の桜ゼリーを買って帰ったところ、子供に持って行かれました。
金粉が入っているのが良いそうです。

さて、明日はどこへ行くかねえ。雪が降るって話もある様だけど。

金曜日のiphone5が見た花巻の火曜日の夜景

花巻

花巻

花巻

花巻

花巻

1~5枚目:iphone5(ProgramAE,JPEG圧縮)

折角なのでiphone5で撮った花巻の情景もアップすることに。
こうやって見ると、雪景色も案外頑張って撮れるのね、と思った。
2枚目辺りの雪景色なんて降雪を良く捉えたなって感じだし。
こうやって比較すると、光源の近くで撮影すると降雪も写真に取り込めるのだなと判る。
この写真を見ていたら体が冷えそうになってきたので、風呂に入って早く寝るとしよう。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。